プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花 焼肉 900円

都会のビル影にひっそり咲く花



今日のお昼ごはんは、江戸堀にある
焼肉屋さんの「花」で、
そのままズバリ、焼肉定食をいただきました。

ねっとり、妖艶な照りを出している漬けダレが
焼きだすと表面をカリカリにしつつも、
中を柔らかく保っているのがエエねぇ。



独特の焦げた香りと、焼いている行為が
食欲を増進しているでしょう。

コレでもかというくらいにつがれたごはんや
さぁどうだと言わんばかりに継ぎ足されるカクテキ、
食べきれるか不安を覚える量なのに、
ちゃんとお腹の中に収まっちゃうんだよねぇ。



キンキンに冷えた木曜日の本日は
千林の師匠もバナナマン氏も
往復で凍えてしまったお昼休みでした。


道頓堀で、日本一を謳うたこ焼き屋さんの撤去騒動だけど、
そのまま屋台をオクト、パスされる運命なんだろうなぁ。


ごちそうさまでした。







関連ランキング:焼肉 | 肥後橋駅渡辺橋駅淀屋橋駅


大阪市西区江戸堀1-18-22 2F(地図)
06-6446-0120

鍋ふるさと 辛ラーメン 650円

辛くて当然、寒い日にこの一杯



今日のお昼ごはんは、新町にある、
「鍋ふるさと」で、
辛ラーメン定食をいただきました。

袋麺に手を加えただけのようにみえて
ちゃんとイッチョ前の料理に仕上げちゃう、
そんなところがお店の技だと感心するワケです。

ではありながらも、袋麺になくてはならない
大衆的な庶民味を残しているのがエエよねぇ。



ようやく旺盛な食欲にスイッチが入り、
秋を実感した矢先に、木枯らしが吹く、
今年は季節を実感するより、
便りの方が唐突にやってくるねぇ。

いまの時代の即物的なところを、
真似してくれなくてもエエんだけどなぁ、
と思います。



本日はバナナマン氏とふたりだけという
案外珍しいお昼休みでした。


しかし、西高東低の気圧配置の冬型も
接近してくる台風にはカンキーないみたいやね。


ごちそうさまでした。


鍋ふるさと




関連ランキング:韓国鍋 | 西大橋駅西長堀駅阿波座駅


大阪市西区新町3ー9-7(地図)
06-6534-6788

梅田明月館 阿波座店 牛タン 790円

焼くのも楽しい肉の昼



今日のお昼ごはんは、阿波座にある
梅田明月館 阿波座店で、
牛タンの定食をいただきました。

注文した時はすっかり塩タンの気分だったから、
出てきた、漬けダレが滴る厚切り肉を
「タン」と認識するのにしばし。

あぁ、確かに「牛タン定食」って書いてあるねぇ。



コリコリの歯応えと、クセがないのはそのままだけど
全体の印象はまったくもって別の部位みたいでした。

視覚は文字の変換間違いをしたアタマだけど、
味覚は誤変換をして都合よく塩タンには
してくれないもんやね。



本日はのっけから千林の師匠とバナナマン氏に
「どこいくの~」と期待の声が聞こえてきたので、
めったにないお店選びをしたお昼休みでした。


民主党の代表争いで、決着はついたけど
党員票の得票率はイーブンだったということは、
今後両陣営のイイブンがぶつかり合うだろうねぇ。


ごちそうさまでした。


梅田明月館 阿波座店




関連ランキング:焼肉 | 阿波座駅西長堀駅西大橋駅


大阪市西区立売掘5-2-1(地図)
06-6532-2989

鍋ふるさと 温麺 700円

暑いからこそ熱いもの



今日のお昼ごはんは、新町一丁目から新町三丁目に引っ越した
「鍋ふるさと」で、
温麺(オンミョン)をいただきました。

葛切りみたいに半透明な麺は
でんぷん質のツルツルと
モッチリが醍醐味やねぇ。

温くても冷麺で使うてる麺と
同じくらいしっかりしたコシを
保っているんじゃないかな。



ワシ夏バテやなぁ、と思って
おもいっきり熱いものを選んだら、
本当に熱かった。

辛味のあるものは入っていないんだけど、
鶏がらのおダシはなかなか冷めない上に、
具材も温まりそうなモンだらけです。

食べてる途中から、止めどなく汗が流れだして、
食後しばらく引かないんだよねぇ。



本日は色んな都合でひとりの日。


処暑なのにまだ暑いのが続くなんて、暑っ苦やねぇ。


ごちそうさまでした。


鍋ふるさと




関連ランキング:韓国鍋 | 西大橋駅西長堀駅阿波座駅


大阪市西区新町3ー9-7(地図)
06-6534-6788

韓国料理アラマァー! 冷麺 900円

キンキンに冷えてます。



今日のお昼ごはんは、梅田の第三ビルにある、
「韓国料理アラマァー!」で、
冷麺の定食をいただきました。

うっすらと透き通っていて涼しげなところがエエよねぇ。

つるつる流れこむような滑りの良さや
ほんのり甘酸っぱいおダシの口当たりの良さは
酷な暑さの日に一層際立つよねぇ。

コリコリと細かい歯応えの麺だけじゃなくて、
しっかり酸っぱ辛いキムチや、のり巻きもあって
お腹いっぱいになりました。



夏バテの予防として、基本的に冷たい食べ物を避けているのだけど
この冷たさを覚えると、一日中ずっと冷たいものが欲しくなります。

ひんやりしたものを飲み食いすると
気持ちは満足するんだけど、
食べたぶんだけ、身体にはダルさとして
返ってきちゃうんだよねぇ。



本日はいろんな現場へ出向いて、炎天下の中を過ごしたぶん、
一日の中で一番うるおいのあるお昼休みだったねぇ。


しかし、おダシに氷の浮かぶ麺は
暑くなくてもアイスべきメンやねぇ。


ごちそうさまでした。


韓国料理 アラマァー 梅田店



大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第三ビル B2F(地図)
06-6344-0884

焼肉ARITA スタミナ定食 850円

牛を求めてギュウギュウにつめかける



今日のお昼ごはんは、立売堀にある、
「焼肉アリタ」で、
スタミナ定食をいただきました。

ごはんが進む、しっかりした濃い味つけがエエねぇ。



たくさんの野菜があるから
全体では濃すぎず
ちょいとしんなりしてる位いです。

そのおかげで牛の風味と柔らかさが
強調されてたんじゃないかなぁ。




本日は千林の師匠と、食べたいものが定まらず、
汗ばむまで放浪したお昼休みになりました。


組閣人事が変わっただけで、支持率がポンと
跳ね上がったと報じてるのを見るにつけ、
相変わらず報道は、人をバカにしてるなぁ
と思います。
代表が変わって良くなるなんてカン違いですよ。


ごちそうさまでした。


和歌山県有田産 プロテサン牛専門店 焼肉 ARITA



大阪市西区立売堀3-6-17(地図)
06-4391-1129

韓国創作料理 燦々亭 平野町店 牡蠣スンドゥブ 950円

真っ赤に煮え立つスンドゥブ



今日のお昼ごはんは、平野町にある
「燦々亭」(さんさんてい)で、
牡蠣のスンドゥブをいただきました。

しっかり辛いダシの中にあっても
大粒でみずみずしい生牡蠣の存在感がうすれない
というのが嬉しいよねぇ。

あさり、イカ、ナマコとか具材も贅沢で、
このあたりがおダシの旨味を増していて
辛いだけじゃないスンドゥブに仕上げてるんでしょう。



しかし、せっかく暖かくなったのに
なんで2日続けて、アツアツなモノを
食べに行っちゃったんだろ。

花粉が舞ってるのもあるんだろうけど、
すっかり鼻がグズグズになっちゃいました。

このお陽気は花粉症に非道スギるねぇ。



本日は、いつもの皆様を袖にして、
とっても久しぶりの知人と待ち合わせての
お昼休みでした。


まだまだ楽しみがつづいている五輪。
今朝のジャンプ団体入賞はすゴイねぇ。


ごちそうさまでした。


燦々亭 平野町店


大阪市中央区平野町4-2-1(地図)
06-6232-2322

炭火焼肉 HONMACHI カルビ 924円

本格炭火焼肉のひるげ



今日のお昼ごはんは、西本町にある
炭火焼肉 ホンマチで、
ビビンバとカルビの定食をいただきました。

遠火の炭火で肉汁が滴るように焼くのもヨシ、
はたまたカリッと焦げ目がつくように
しっかり焼いて食べるのもヨシ、
色々と試せてエエですねぇ。

だいたい好みの焼き加減がわかったところで
お肉がなくなるのが、100グラムという量でした。
まぁ、ワシにはちょうどエエくらいやね。



何にでも言える事だけど、
「参加できること」は楽しくて、
それが焼肉の人気に通じていると思います。

これが「参加させられてる」になると
とたんにツマンナくなるんですよねぇ。



午後から接客があるのに、かまわず千林の師匠と
飛び込んだ本日のお昼ごはん。

今度はすべからくして
臭いとムエンなところを見つけるべし
ですなぁ。


ごちそうさまでした。


炭火焼肉 HONMACHI


大阪市西区西本町1-6-17(地図)
06-4390-1777

ベトナム屋 DzÔ! ブンボーフエ 890円(-100円)

西本町でベトナム料理だヨー!! イェ~



今日のお昼ご飯は、西本町にある
ベトナム屋 DzÔ!(ヨー)で、
ブンボーフエをいただきました。
しかもチラシ持参で100円引きとありがたい特典付きです。

細いうどんぐらいある米の麺は、
コシはないのに、ムチムチとした弾力が
すごくあるんです。

淡白な太麺だからスープには、
魚醤のコク、香草の風味、香辛料の刺激が
しっかりと盛り込まれていて
合わせて食べるとちょうど良い食味になりますねぇ。



あんまり意識していなかったんだけど、
ベトナムも箸文化のある国なんだよね。

日本はもとより、ユーラシア大陸のなかで
箸と匙が別れた理由とか、境目とかいう文化面や
他にこんなふたつでひとつの食器があるのかという
道具としての面とか、お箸ひとつでも
考え出したらキリがなさそうですね。

きっと、こんなことを学問にして
研究しているひとがいるんだろうなぁ。



本日は選択肢があるにも関わらず、全員が同じ献立を頼み
会社女史には涙がでるほど辛く、
千林の師匠にはちょいと頼んなかったようで
たまに食の冒険をしていただくのも
楽しいなぁ、と思ったお昼でした。


ここ数日で立て続けに百貨店の閉店が相次いでいますが、
やっぱり商いの苦戦がかクセンみたいですねぇ。


ごちそうさまでした。


ベトナム屋 DZO!


大阪市西区西本町1-11-18(地図)
06-6648-8829

CAFE NADI ミーラクサ 950円

とっつきやすいバリ料理



新年第一発のお外のお昼ごはんは、甲東園にある
カフェナディで、
ミーラクサをいただきました。

ココナッツミルクで
こってりと甘いスープの
カレーラーメンですが、
レモンの絞り汁を加えると、
ガラリ印象が変わるんですねぇ。

みずみずしい酸味が加わることで、
玉子麺の甘さが鮮明になったり、
塩気や鶏がらの風味が上がるもんだから
もりもり食べちゃいました。

本場の辛さより、食べやすさが重視されていたのも
とっつきやすくて良いと思いました。



年が開けて仕事やらが始まると、
お正月気分が抜けない、とか言いますけど、
どんな気分だったかなぁって考えるんです。

お正月は厳かなもんだといえば、
気分が抜けない事はむしろ良いことでしょう。
だけど、旅行にいったり、家族にあったり
楽しかったことを思い出して味わう、
そんな気分ですよねぇ。

むしろ、そんな良い気分だったら、
ムリして抜かなくてもエエんちゃうかなぁ。



お正月料理の濃い味に飽きがきたので、
気分をガラリと変えられるところへ行きましょうと
雀の大将を連れてのお昼でした。


「虎は千里行って千里帰る」のことわざがあるように
今年はくだらんダジャレもタイガーいにして、
秀逸な話題にトライしたいもんですなぁ。


ごちそうさまでした。


CAFE NADI


兵庫県西宮市松籟荘7-21 ニューコーべビル2F(地図)
0798-52-7080

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。