プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Navin キーマカレー 800円

待望のお昼営業はじまった!



今日のお昼ごはんは、京町堀にある
「ナビン」で、
キーマカレーをいただきました。

さらっさらのスープカレー仕立てに
大きなお芋さんと、艶っぽい半熟玉子、
そして千切りキャベツ入り。

香辛料の配分は風味重視で、
辛さは、だれにでもおいしい程度だけど、
後から調味できるところがエエよねぇ。



日のあるうちは、門戸を閉ざしていたところが
おいでませと、呼びこみをしていたら
もちろんお誘いに乗っちゃうよねぇ。



本日は千林の師匠、バナナマン氏、セカシン殿が
うっすら汗を浮かべるヨコで涼しい顔をしながら
ごちそうさまでした。


そういえば、社名をアデランスに戻すって
ニュースの流れたあの会社に、
海外の投資ファンドが触手を伸ばしてたけど、
やっぱり顧問がハゲタカら狙われたのかなぁ。


ナビン




関連ランキング:インド料理 | 肥後橋駅渡辺橋駅淀屋橋駅


大阪市西区京町堀1-11-6(地図)
06-6449-6789

Long-a-long カレーライス 500円(+150円)

カレーなる二重奏



今日のお昼ごはんは、立売堀にある
「ロング・ア・ロング」で、
カレーライスを大盛りにしていただきました。

ごはんに彩りと風味が加えられて、
パラパラっとしているところが一工夫。

カレールゥのピリ辛がごはんの風味と空気に引き立てられ、
噛み締める度に味わい深いコクが湧いてくる、
一緒くたになるようで、
それぞれの主張が残っているところがエエねぇ。



カレー以外の様々なパスタ献立も、全部500円。

こりゃなんかあるぞと踏んで、
千林の師匠、バナナマン氏も大盛りを選ぶそばで、
セカシン殿は素知らぬ顔。

並べてみると違いがあったものの、
したり顔で「普通でもなかなかの量がありましたね」
と語られちゃったお昼休みでした。



ごちそうさまでした。


いつまでも薄ら寒い日和に、
彼岸も過ぎたのに、とヒガンでみても
しょうがないよねぇ。


大阪市西区立売堀2-1-11 ビジネスゾーン本町地下1階 (地図)

三田屋総本家カレーの店 カキフライカレー 800円

お肉屋さんのカレーだけど何故か肉抜き



今日のお昼ごはんは、瓦町にある
「三田屋総本家カレーの店」で、
カキフライカレーを辛口でいただきました。

食べたその瞬間に「あ、辛っ」と思う
鋭い刺激の徹底した辛口です。

そこいらのお店なら大辛とか言うて
出てきてもおかしくないねぇ。



カキフライはルゥとは隔離して、
カレーの箸休め的にはさむと、
じゅわっとひろがる旨味が、
ちょうど口の中の火事を沈静化してくれてエエねぇ。

カキフライに味を加えなくても、
十分に味わい深くて、しっかりしているところは、
さすが広島産を豪語するカキだねぇ。



急ぎの仕事により、本日もひとりになれたんだけど、
14時を過ぎての食事は、さすがに選択の幅が狭まるねぇ。


お肉屋さんがカレー店を営むというのは、
よくあるでしょう。
それって、どっちのお店も
モウカレーってゲンかつぎだったりして。


ごちそうさまでした。


三田屋総本家カレーの店 本町店




関連ランキング:欧風カレー | 本町駅堺筋本町駅淀屋橋駅


大阪市中央区瓦町3-3-14(地図)
06-6233-2255

B'Space カレーライス 500円(+100円)

隠れ家で潜伏するならカレーはつきもの?



今日のお昼ごはんは、阿波座にある
ビースペースで、
カレーライスにサラダを別注していただきました。

基本になっているのは、慣れ親しんだ
いつものおうちカレーに近いんだけど、
色んな具材を溶かし込む時間と手間が
ちょいとした一味として加わっていてエエねぇ。



「隠れ家」と標榜するものが世に溢れているけど、
情報化がこれだけ進んで、大体の人が喜んで
情報端末を持ち歩いているでしょう。

ナンボエエ隠れ家に隠れたところで
意味ないんじゃぁないのかなぁ、
と思います。



本日は、そもそも隠れる必要もない
千林の師匠、バナナマン氏とのお昼休みでした。


絶滅していたクニマスの生息確認は、
見つけた人から、研究していた人まで、
嬉しいクニスマスのプレゼントやね。


ごちそうさまでした。


ビースペース




関連ランキング:バー | 西大橋駅本町駅四ツ橋駅


大阪市西区阿波座1-10-20(地図)
06-6532-2218

BEAR FRUITS 焼きカレー 800円(+150円)

華麗なるご当地食道楽



今日は、出張先からちょいと足を伸ばし、門司港にある
ベアーフルーツで、
スーパー焼きカレーのサラダ付きをいただきました。



この門司の名物は、早い話が目玉カレーに
チーズを載せて焼き上げたという一品でした。

ただ、具材のピーマンや玉ねぎは半生の仕上がりで、
コリコリした歯ざわりや、辛味と苦味がうまく残って
全体に変化をつけているところがエエよねぇ。



食べ進めて、ほどよい半熟の黄身をつぶすと、
辛さが引っ込んでまろやかになるでしょう。

そこで、備え付けの「びっくりスパイス」を加えると
辛さはそこそこ、風味がぐーんと増すので、
一段とサジ運びがよくなりました。



お昼ごはんにちゃんとお弁当は食べたのだけど、
遠くまで出張したんだからと色気を出して
夜の門司港に寄り道をして帰ったのでした。


でも門司は初めて訪れる場所だから、何をするにも
気恥ずかしくてモジモジしちゃうねぇ。


ごちそうさまでした。

BEAR FRUITS




関連ランキング:カフェ | 門司港駅九州鉄道記念館駅出光美術館駅


福岡県北九州市門司区西海岸1-4-7 門司港センタービル1F(地図)
093-321-3729

出前のチキンカツカレー

議会制合意のカレー

現場の缶詰も最終日となりました
今日のお昼ごはんは、出前で
チキンカツカレーをいただきました。

本日限りの主役は、初めての日本人であり、
大監督も、健啖家の依頼主もいないという、
とても稀有な現場である。

しかし主役もだんじり監督も、大層控えめで、
結果、主張する人間がいない状況下で、
先に進まなくて困る始末。

なんとか全体の民意をまとめてみると
なぜかカレーという結論になるのが
不思議なところです。



まぁ、本日唯一意外だったことは、
適当なプラッチック容器じゃなくて
ちゃんとした陶器皿で出前をする
真面目なカレー屋さんがあったことやね。


全部ひっくるめて、「乙カレー」で、
まとめてエエかな。


ごちそうさまでした。


まろ亭 ナスとチーズのカレー 850円

ヘンなのと、いい娘がそろったカレー屋さん



今日のお昼ごはんは、西本町にある
「まろ亭」で、
日替わりだったナスとチーズのカレーをいただきました。

カレールゥそのものがこってりしているところに
油で揚げたナスとか、チーズから溶け出る脂が
合体してできる相当な食べ応えはスゴイねぇ。



配膳された瞬間に、デッカイなぁ
と強い印象を与える一人前だけど
平べったく盛りつけているので、
思うほど多量ではない。

しかし量の大小にかかわらず
コレは、お腹はいっぱいになる
組み合わせだろうねぇ。




本日は千林の師匠と、バナナマン氏とのお昼休み。


米国では、庭の草むしり用にヤギを貸し出す商売が
一部の自然意識が高いという人に大ウケしているとか。

だけど肝心の仕上がりは、ザツソウだということで、
一般には受け入れられないみたいだねぇ。


ごちそうさまでした。


まろ亭 



大阪市西区西本町1-14-25(地図)
06-6532-5538

福島上等カレー 阿波座店 唐揚げカレー 680円(+200円)

重量級カレー



今日のお昼ごはんは、西本町にある
福島上等カレーの阿波座店で、
唐揚げカレーを大盛りでいただきました。

カレーライスが好きだから、
条件反射的に大盛りを注文しちゃうワケです。

こってり甘くちょいと辛いルゥは重量感がすごくて、
想像以上にしこたま食べた気分になりました。



そこで、具とカレーが一緒くたじゃないところが
エエんだよねぇ。

定番のお漬物類とは別に、変化を加えるものがあると
より一層、最後までオイシイおもいができるんですねぇ。



本日は千林の師匠と、七夕の短冊に
何を願うかで盛り上がったお昼休みでした。


オチが浮かばないかわりに一曲。
7月7日ピッタリのGAMES PEOPLE PLAYなんてどうでしょう。
ナナ・ナーナ・ナナーナ♪


ごちそうさまでした。


福島上等カレー 阿波座店



大阪市西区西本町2-4-19(地図)
06-6534-4122

Indian Restaurant & Curry AKASH バターチキンカリー 900円

阿波座にインドカリーがまたひとつ



今日のお昼ごはんは、江之子島にある
インディアンレストラン&カリー アカースで、
バターチキンのカリーをいただきました。

トマトがカリーソースの基礎になっていて
バターやお野菜のまったりした感じも
ひゅっと引かせちゃう甘酸っぱい後味がエエねぇ。

ナーンは驚くほどに弾力と歯応えがあって、
このムッチりをよく噛みしめるから、
ソースの酸味がよくあうんだよねぇ。



しかし、インド料理に出てくるお肉、とりわけ鶏ってやつは
脂を落としていているでしょう。
そりゃぁ、もも肉ですら、ささみのように
ホロホロと崩れるくらい。

油の浮いているカリーソースもそんなになさそうだし、
香辛料の効果も織り込んだら、
結構な減量献立になるんちゃう?



はたして、本日のお店が開く前はなんだったのか、
本日は千林の師匠とそれを思うだそうと必死になったわりに
答えをアカースことが出なかったお昼休みでした。


ごちそうさまでした。

AKASH 阿波座店



大阪市西区江之子島1-6-2(地図)
06-6447-1557

The AVERY'S IRISH PUB ギネスカレー 650円

筋までとけた、ギネスカレー



今日のお昼ごはんは、阿波座にある
「エイヴァリーズアイリッシュパブ」で、
ギネスカレーをいただきました。

いろんなものがとけてもったりしたルゥは、
辛くなくても香辛料をふんだんに投入したぶんの
刺激があって食べた感じはサラリとしていました。

ひょっとしたら、白身フライの油と、タルタルソースが働いて、
辛味を和らげたのかもしれないねぇ。



週の頭には、衣替えの異様な光景が
不思議だったんだけど、この3日間で、
すっかり気候が服装に追いついちゃいましたねぇ。

でも、肝心の私たちが、
服装にも気候にも置いてけぼりに
されてるんじゃないかなぁ。



本日は、千林の師匠と会社女史とのお昼休み。


この暑さと、空梅雨ぐあいで飲む酒は
やっぱりビアガ一番デンねん。


ごちそうさまでした。


The AVERY'S IRISH PUB



大阪市西区阿波座1-9-21(地図)
06-6534-5766

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。