プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

oyster & organic THE PARTY カキフライ 980円

カキフライの山を築く



今日のお昼ごはんは、堂島にある
「オイスター&オーガニック ザ・パーティー」で、
カキフライをいただきました。

カキフライ(だけじゃないけど)が
なんと「食べ放題」って、
カキ好きには天国のようなお昼。

プリッと弾力ある身と、
たっぷりの牡蠣ジュースをたたえる
立派な一粒。

本当は主菜としてパスタかハンバーグを選ぶのだけど、
そんなの吹き飛んじゃうよねぇ。

そのままでも十分だし、付属のソースを合わせれば十二分だけど、
もう一つ、タルタルソースが欲しいと思うのは贅沢かなぁ。

それでも、広島産の牡蠣をどれだけ食べてもセっトのウチって最高ちゃう。



牡蠣食べたさに駆り立てられ、
新地まで遠出した甲斐がありました。

本日もごちそうさまでした。


オイスターアンドオーガニック ザパーティー




関連ランキング:洋食・欧風料理(その他) | 大江橋駅北新地駅西梅田駅


大阪市北区堂島1-2-15(地図)
06-6346-5171
スポンサーサイト

VIETNAM FROG フォーガー 780円



ずいぶん前にベトナム料理がタイ料理に化けた日があった。
その時候補だったのが、「ベトナムフロッグ堂島店」です。
今日もアホみたいに暑いなか、アジア料理がよかろうと考えたワケですなぁ。

しかしココに到達するまでが大変。
風が吹いても熱風だし、気分はロースターに入れられた肉みたいなモンである。

ランチは4種類。麺もついて一番オトクな780円のAランチに決定。



鶏ベースのフォーガー、あんかけ唐揚げ、白身魚の団子あんかけ、そしてサラダに、ゆかりご飯、香の物という内容。
ご飯粒を見ると長いのやら短いのやら、微妙にブレンドされているっぽい。
食べてもパサパサとペタペタの同居するビミョ~な食感。



別皿は、あんかけだらけに思えるが、唐揚げには直接かかってないし、チョッとの量なので、ほぼ無意味。
サラダにはロースハムの薄切りも混ざっていた。

フォーは鶏がらのスープ。
フライにんにくチップ、ニラが入りとっても夏向きなスタミナ料理。
パクチーやら、ニョクマム、チリソースが好きなように加えて加減できるのが良い。
加えないと、かなり平均的でソツない味です。

食べてから気がついたんだけど、今日は昼から込み入ったミーティングだったねぇ・・・
同席した皆さんゴメンね。


大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザBF1(地図)
06-6456-0081

おふくろの味 さんまの開き 750円

今日も何を食べようかと思案しながら散策していると、お魚の焼けるエエ香りがしてきた。

瞬時に今日のお昼は魚に決定したは良いが、香りの出所が分からない。
周辺にはそば屋やらカフェやらはあるがそんな香りを出している風でもない。

が、あるビルの入口に手書きの「おふくろの味」なる看板が確認できたので120%の確信をもって階段を上り入店。

中は完璧な居酒屋である。

おふくろの味といっても調理の主体は厨房でタバコ噴かしてるオッちゃんである。
応対は恐らくこの店の「おふくろさん」であろうおばちゃんがしてくれる。

そのおばちゃんにサバの塩焼き注文すると「売り切れましてん」
って私のヨコいてるオッちゃんが美味そうに食うてるし・・・



ということで、残っていたサンマの開きに変更したのがコチラ。
すっごい脂で光まくってます。
お供は、ご飯、お味噌汁と、瓜の漬モンである。

サンマは皮目を焦がし、身を炙ったというエエ焼き加減。
間違いなく美味しい。

だけど、イマイチ物足りない。

ご飯とお味噌汁がお替りできるにしても、750円なら小鉢がついてもよさそうなものをと思うのだが、ソコは新地といったところでせうか。


大阪市北区堂島1-3-36 曽根崎ビル2F
06-6341-2920

MAM MA MIA ラザニア 900円

今日も堂島でランチにしようと移動。

やって来たのが「ピッツェリア・マンマミーア」

大流行の店内は、とりあえずの嵐は去った感はあるが、どこか殺気立っている。
大変なんだろうな~と思いつつ、しばらく席が空くのを待つ。
ランチ遅発に変更してから、こうして待つのは久しい。

とは言っても数分後には着席して、注文をすませているから大したことではない。

パスタ、ラザニア、ピザの3コースから今日はラザニアを選択した。

カボチャ、トマト、レタス、サラミのサラダ。

特に表面を焦がしたカボチャは食感がよいし、添えてあるローズマリーで香りもよい。
でも全体チョッと水切りが足らん感じもした。

前もって仕上がりまでの時間がかかると断りを頂いていたとおり、このパン2切れで5分ほど待つ事に。

お供は何もないけど、パンはちゃんと炙ってある。
残念ながら、待ち時間を埋めるには役不足というか、私が早食いすぎた。



グツグツ吹きながらオーブンから直行のラザニア登場。 おぉ~エエ感じですなぁ~。

それぞれの層からチーズがたっぷりと溶け出ているところをガッツリ

ぁ熱っい!!って昨日も言うたね・・・

ごっついチーズのびるし、切れへんし、なんか口から垂れてるみたいでハズカシーな~(笑)
イタリアン食べてるって感じ満点ですわぁ。

遅発組みの特権、時差サービスのアイスクリーム。

別で珈琲もついていたが、アイスより随分先に出てきたのを、さっさと飲み干してしまった。

ところで、行きしなの途中で大量のランチを済みの人々とすれ違う。まるで民族大移動の様相でした。
コレなら本当にランチ難民が発生するだろうと納得。

遅発できる自分の環境にチョッと感謝した一日でした。


大阪市北区堂島1-5-4 はつ根ビル1F
06-6341-2520

タイ料理レストラン あい・タイ タイ式お粥 800円

ジュンク堂に寄りたかったこともあって、堂島までやってきました。

昨晩おこなった、たこ焼きパーティーで限度を超えた胃袋を癒すべく、今日はベトナム料理なんかエエな~とか当初考えていた。

ところが、たまたま通りがかった「タイ料理レストラン あい・タイ」の看板には”お粥”なんて見るからに胃に優しそうな日替わりメニューが書いてある。

ランチはあっという間にベトナム料理からタイ料理へと化け、ビルの地下一階へと誘われるのであった。

入店してまず、カリーやココナッツの香りが誘惑してくるが、今日はグッと我慢。
座卓の並ぶタイ風のお座敷に上がって、当初の予定通りお粥をお願いしました。



しばらくして運ばれてきたお膳がこちら。 お粥以外に一品がついている。
タイらしく黄金色のお箸に、レンゲ、そして器も金彩されて、とっても洒落ている。

一品の厚揚げの炊いたんから頂いてみる。

どんなんかな~っと期待してたら、ごっつい正統派な和風ダシと醤油の味付け。
正直チョッと拍子抜けしたけど、これが結構イケる



今にも溢れんばかりのタイ式お粥。 心なしかお粥まで金色がかって見えるのは溶き玉子の彩りだった。
焦がしたネギ油みたいなのと、パクチーが乗っかっています。

中をまさぐると粉をまぶしトロリとした食感の良いミンチボールや、千切り生姜、そしてカブなんかも出てきました。


胃にしみこむような感覚というなら、正に今日のコレだろう。 基本薄めの優しい味付けに、香草と油の香のパンチが利いてメチャメチャ美味い

が、ぁ熱っい!!

お粥が熱いのに加え、生姜の効能で体から汗がダラダラ。
おかげで帰り道で吹いてくる風が涼しく感じ、とっても心地良かった。


大阪市北区堂島1-3-3 西辻ビル地下1階
06-6341-8846

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。