プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上本町ほてい鮨 穴子丼 900円

お寿司屋さんの穴子天をいただきました



今日のお昼ごはんは、堺東にある
「上本町ほてい鮨」で、
穴子丼とにゅうめんの定食をいただきました。

穴子天の醍醐味は「ふわっ」なんですよねぇ。

「ふわっ」とほどける、繊細な白身や
「ふわっ」と後からやってくる甘い風味に、
気持ちもふわふわっといやされるワケです。



しかし、てんぷらの衣が湿気るまえに
食べきろうと慌ててしまうのが
天丼の難点でしょう。

もとから天つゆもかかっているから
サクサクを愉しむことはできないと
わかっちゃいるけど、
思い出すのは食べてからなんだよねぇ。



本日は千林の師匠と、打ち合わせの合間に
ごちそうさまでした。


高速の休日割引の取りやめが決まりましたが、
フェリーの利用が増えるのかなぁ。
これぞホントの「待てば海路の日和あり」だねぇ。


堺市堺区三国ケ丘御幸通59 堺高島屋B1F(地図)
スポンサーサイト

麺・点心茶居 古潭 味噌ラーメン 900円

古潭のお昼に決めたコンタン



今日のお昼ごはんは、堺東にある
麺・点心茶居 古潭で、
味噌ラーメンをいただきました。

まったりした脂分と
味噌の塩辛さが組み合わさって、
ちょいとしっかりした味わいやね。

でも、とろりとしたスープが
太麺に程良く絡んで、
釣り合いが取れているところがエエねぇ。



ウケの良いおかず2品を、
盛り込んでいるところがニクイでしょう。

迷わず選んじゃいました。

打ち合わせが思いの外なが~くなり、
おやつの時間にありついたごはんだし、
今日は七草だから、
軽めにしようと思ったんだけどねぇ。




まぁ、お店自慢のスープに豊富に含まれる蛋白質を食べて、
コラーゲン気にならないワケがないよね。


ごちそうさまでした。


古潭 堺タカシマヤ店




関連ランキング:ラーメン | 堺東駅花田口駅妙国寺前駅


大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通59(地図)
0722-38-2119

実演手打ちうどん杵屋 カツ丼 880円

オモシロイ食の共演



今日のお昼ごはんは、堺東の高島屋地下にある
「実演手打ちうどん杵屋」で、
カツ丼の定食をいただきました。

なんだか、「はてなぁ?」と首をかしげたくなるほど
不思議に柔らかい豚さんのカツに、
半熟玉子があいまって、
ゆる~い仕上がりになっているのが、オモシロイねぇ。



かと思うと、おうどんにも独特のコシがあるんです。

もちもちとして、歯を押し返すような
でも歯切れは悪くない微妙な弾力性が
これまたおもしろんだよねぇ。



本日は千林の師匠とのお客さん訪問で
開いた時間を上手く使ったお昼休みでした。


明日は今年最後の満月でもあり、
皆既月食までもが一緒くたになるのに、
生憎の雨模様とは、ツキがカケテルねぇ。


ごちそうさまでした。


大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通59(地図)
072-221-7876

北極星 きのこオムライス 690円(+370円

大阪府に輝くオムライスの星



今日のお昼ごはんは、堺東にある高島屋地下の
北極星堺東店で、
オムライスと唐揚げの定食をいただきました。

見た目はなめらかに焼き上げ、
舌触りはきめ細かな玉子は、
やっぱりエエねぇ。

巻きについて、ごまかしがきかないこの形は
オムライスの王道なんだなぁ、と改めて思いました。



不景気といわれて久しい今の消費傾向として
新製品より定番商品が好まれているらしいんです。

聞いいたときには「ふ~ん」と
気にとめていなかったんだけど、
具はきのこと玉ねぎ、ソースもケチャップ、
明快なまでの定番を求めてるんだよねぇ。

今日たまたまかもしれないけど、
意識すると「定番」けっこう身の回りに
あふれているかも。



本日は、打ち合わせの帰りついでで、
早めのお昼ごはんにしました。


米国では定番の清涼飲料にかけるソーダ税
なんてものが検討されてるらしいけど、
そんなアブクゼニで財政難をまかなえるワケがないよね。


ごちそうさまでした。


北極星 堺アップル店



堺市堺区三国ヶ丘御幸通59(地図)
072-222-2753

帝塚山Grandpa 天津飯 1365円

ちょいと豪華な天津飯



今日のお昼ご飯は、堺東の駅食堂街にある「帝塚山グランパ」で、天津飯をいただきました。

玉子料理に、耐え難い飢えを実感していた昼下がり。
ふんわりしたまとまりが醍醐味の天津飯が食べたくて、
中華へまっしぐら。

ちょいと帝塚山なんて名前をつけるお店の天津飯は、
そこいらのモンとは違うよねぇ。

ぷりぷりの歯ざわりに、磯の甘い風味がただよう
上品な海鮮使いですなぁ。



スープまで玉子たっぷりで、日照からゲリラ豪雨に
一転したような気分です。

杏仁豆腐のこってりした甘さまで、息つく暇もないほどに、
食べつくしちゃいました。



油が多くてもさらりと食べられちゃうエエ中華でした。
だけど、多い分だけ後の腹持ちも長引きますねぇ。

千林の師匠と外回りで、相当遅いお昼ご飯だったのもあるけれど、
帰る直前まで腹持ちが続きました。
新学期間近に山積になっている夏休みの宿題といっしょで
大急ぎで消化しまショウカ。


ごちそうさまでした。


堺市堺区三国ヶ丘御幸通59 堺東高島屋B1(地図)
072-223-5590

手打ちうどん 十兵衛 カレーうどん 750円

流行に左右されない売れ筋



今日のお昼ご飯は、堺市にある「手打ちうどん 十兵衛」で、カレーうどんをいただきました。

社長殿と英語教師殿と営業途中のお昼ご飯。
辛さや、おダシの風味よりも、純粋なカレー主体の餡が、このごろでは珍しいねぇ。

たっぷりの牛肉と、その旨味が織り成す厚みのある味に、ご飯も進みます。



のびのある、おおさかのおうどんを地で行く麺。
手打ちを銘打つぶん、柔軟なコシがひときわエエですなぁ。



特筆すべしはなくとも、文句なしに愛せる仕上がりって、ありますよねぇ。
ご両人が気に入るワケが合点いきました。



お肉で太いお腹に、さっぱりしたモンが恋しくなります。
それで、ふと思い出したペプシが次に出す、期間限定コーラの話題。
シソ味のコーラはオイシソーなんかなぁ?


ごちそうさまでした。


十兵衛 (うどん / 石津、東湊、石津川)
☆☆☆☆ 0.0

堺市堺区石津北町44-4(地図)
072-27-47-0381

こぶたのシェフ 黒豚ローストンカツ 850円

ある種、共食いともいえるランチ内容



今日のお昼は堺東からすこし歩いたところにある「こぶたのシェフ」に行きました。

堺で打ち合わせがあると決まって目に留まるにこやかな豚の飾りが、いつも気になっていたところです。

ランチはサラダ、ライス(おかわり可能)、お味噌汁、食後の飲み物が付属。
欧風な献立が揃っていましたが、チーズや玉子というより、”こぶたのシェフ”だけに黒豚ローストンカツがふさわしかろうと判断。



うすい衣に、さらりとしたデミグラスソース。
下味の塩コショーが効いて、豚さんの脂の甘み、風味が引き立ち、衣のザックリした食感ともよく合っていました。



食後にいただいた珈琲。

午後からの用事で先を急ぐ猫舌の私に優しい、ぬるめの一杯でした。


ごちそうさまでした。



堺市堺区中瓦町1-3-14(地図)
072-229-8417

MACOU'S BAGEL GAFE チキンとパプリカのベーグル 945円

伊丹空港 結構オシャレな店も多い



今日は大阪国際空港にある、「マコーズベーグルカフェ」に行きました。

少し早い昼ごはんを空港で済ますつもりが、実際はあまり時間がない。
出発ゲート近くという好条件で迷わず入店。

2月中のサービスメニューである、チキンとパプリカのグリルプレートをお願いした。
何種類かのベーグルが提供されているけど、このセットではプレーンベーグルしか選べなかった。



クラムチャウダーは、定番どおりのアサリとジャガイモが具材。
アサリの風味が特別よいとかではなく、あえて何が特筆すべきか浮かばないが、普通においしいというスープでしたねぇ。



ベーグルはグルテンのムッチリが際立っていた。
しかしトーストした表面のサクサク食感がイマイチ味わえない。

サンドしたチキンは炙り具合もよく、ハーブソルト系でうっすらとした味付け。
パプリカの甘みとも適合して非常に美味しい仕上がりでした。



ベーグルが存在の強さで一人勝ちして、具材と同比率で食べると飲み込めない強さでした。
コリャ、別で飲み物頼むべきでしたねぇ。

生地と具材、他の組み合わせで、印象が変わる感じはしますが、空港価格の域は脱していないと思えるのが正直なところかな。


ごちそうさまでした。


豊中市蛍池西町3-555 大阪空港北ターミナルビル2F(地図)
06-4865-3467

心斎橋 和田萬 ペンネアラビアータ 1600円

最初にお断りしておくと、今日は料理の写真がありません。

理由は店先に朱の毛筆で書かれた子供と写真撮影お断りといった張り紙です。
基本的にお行儀が良い大人小心者なので、ヤメロ言われてる事をする程図太くない訳で・・・



堺市南区にあって、平日のランチなのに予約で席が埋まるような大繁盛店であるが、今日は運よくもぐりこめた。

しかし、なんで心斎橋なんだろうね?

お願いしたのはお勧めランチで1600円。

  • 猪とキクラゲのディップをクラッカーに添えて

  • オニオンスープ

  • パン・バター

  • ペンネアラビアータ

  • 豆乳プリンとアプリコットが乗った一口パイ・珈琲

以上のような内容でした。 簡単に総評すると、何を食べても手が込んでいて、贅を尽くしているのが分かる。
が、私個人的には味付けが濃い
オニオンスープに至っては喉が焼けるような塩辛さだったという事に尽きる。

反対に豆乳のプリンは、黒ゴマのペーストが乗った寄せ豆腐というのが正直な感想。
カラメルソースやシロップも乗っていたのだが、プリンとしてはドウだろう?

もう一つ首をかしげたのが、お店の方が喋り声の大きさを注意したりするのは良いのだが、対して給仕で足音がドタドタするところや、食器がガチャガチャなるなど、どこかチグハグなところがチラホラ。

お店自体の格をどうしたいのかがハッキリしないな~という疑問が残ったのでした。

あ、でも珈琲は久しぶりに「美味しい」という正直な言葉がこぼれ出るほど良かったです。


堺市南区茶山台3-14-1
072-291-1703

RESTAURANT BAR TiP TOP アジの香草焼 1300円

堺市の南区をさまよい、14時を過ぎランチ難民を覚悟したその瞬間、宴会賜りますという真っ赤な看板が目印の創作料理の「レストラン・バー ティップトップ」を発見。

な~んにもないような田舎道にあって、遠くではガレージに見えるが、近づいてみると結構オシャレ~な作り。

店の場所からは想像できないようなバーらしい作りの店内には、ランチタイム限定で禁煙席も用意されていて、非常に好意的。

パスタのランチも用意されていたのだが、正直に餓えていたので、欲張ってワンランク上のお魚ランチ1300円を注文した。

まずはスープ。

玉ネギ、ベーコンのトマトスープ。 大きなカップいっぱいに注がれ、火傷するほどアツアツ。

次まで暫しの間が空き、後にメインとサラダ・パンが一緒にやってくるのだが、その隙間にサラダとパンだけ持ってきてくれると嬉しいな~と思う訳で。

サラダとパン。

ちゃんとサラダのお皿は冷やしてある。先のスープといい、食器まで温冷の気を利かせている。

パンにはバターがついてくるのだが、メインを合わせて食べてると案外使用しなかったという結果になりました。



アジの香草焼。

ローズマリーを筆頭に腹詰めまでして焼き上げているので、非常に香り高い一品に仕上がっている。
トマトベースのオリーブやベビーコーンなど野菜一杯ソースも見た目のゴージャスさを引き立てている。

そして付け合せの野菜やジャーマンポテトが全体のボリュームをさらに底上げしている。

しかしアジみたいに小骨一杯の魚をナイフとフォークで食べるのは難儀である。 それでも素直に箸を使わないのは半分意地です。

最後に珈琲をいただいて「ごちそうさま」。

しかしベンツで乗り付けてこの店を訪ねていた老若問わないお客さんの層は、非常に不思議。
不思議なんだけど、ズビズバとスープやパスタを啜る音を聞くと、堺丸出しだな~って勝手に決め付けて納得してしまうのでした。



堺市南区栂188-1
072-299-7588

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。