プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

06 ≪│2009/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創作沖縄ダイニング 菜美ら 沖縄そば 780円

沖縄麺そ~れ!!



今日のお昼ご飯は、瓦町にある菜美ら(なちゅら)で、沖縄そばをいただきました。

立派なソーキにかじりついて刹那、骨を噛んだかと驚いたら、
コリコリの軟骨でした。



普通に出てくる麺の多さが、そこらの比じゃないんです。
おドンブリの深さは、全体の見た目に、あまり影響を与えないんだねぇ。

じゃこめしのおにぎりひとつでは、ちょいと足りない八文目くらい。
炭水化物だらけなんだけど、このおにぎりなら飽きないね。



自分で注ぐ、食後の飲み物もあるんだけど、
千林の師匠、ワシ、会社女史は触手をのばした一方で、
お散歩部長と、健康女子は、すでに茶腹で一杯だったようです。

このほか、お昼の献立には、パスタなんかもありますが、
こうして沖縄料理以外でオキナワないといけない。
瓦町はお昼ごはんの激戦区なんだなぁ、と考えちゃいますよね。


ごちそうさまでした。


菜美ら (カフェ / 本町、肥後橋、淀屋橋)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市中央区瓦町4-4-8(地図)
06-6208-0136
スポンサーサイト

う越金(再訪) 太刀魚の塩焼き 800円(+200円)

太刀魚の淡い味引き出す、魚の食堂



今日のお昼ご飯は、西本町にある「う越金(うをきん)」で、太刀魚の塩焼きをいただきました。

とても焼き上がりが良く、繊細な白身はふっくらとしていて、
はらはら崩れるはかなさは、上等な落雁のようですねぇ。

お魚の甘味を引き出す塩が、これまた名わき役なんですなぁ。
ほんの少しのムラが、食べはじめから終わりまで飽きさせない、
変化になっていると思います。



筑前煮の素朴な味わいが、思いがけない相性の良さを発揮して、
お腹の足しにと思って加えた以上になりました。



昨日から引き続いて、千林の師匠、会社女史、そして特に健康女子が、
脂っこいモンを遠慮したいということ。
それなら、エエお魚食べましょ、と相成ったお昼ごはんでした。


昼夜を問わず、学生さんをよーけ見るなぁ、と思ったらアレですな。
しかし朝早うから夜の遅うまで、塾に通う子にしたら、
夏休み気分も真っ逆サマーな、ホリデーやねぇ。


ごちそうさまでした。


う越金 (魚介料理・海鮮料理 / 本町、阿波座、西大橋)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区西本町1-15-24(地図)
06-6531-7995

季節料理 ざこば かんぱち丼 790円

トロっとかんぱち



今日のお昼ご飯は、京町堀にある「季節料理 ざこば」で、かんぱち丼をいただきました。

お上品に一切れを口に運ぶより、おドンブリ丸ごとかき混ぜて、
ぐわ!!っとかき込んじゃう。

うずらの玉子で、つるんとすべるかんぱちは、
ゴリゴリではないけど、温いご飯で脂がとけだして
トロっとした舌触りが良いんですなぁ。



にゅうめんのおダシが、ちょいとばかり甘濃いのにさらえちゃったから
後から口が渇いちゃいましたねぇ。
天かすも浮かぶしっかり味は、付け合せの麻婆茄子に対抗してるけど
もっと淡い味わいがワシ好き。



今日は暑さのせいで、千林の師匠、会社女史、健康女子、
みんな冴えない中でのお昼ごはんだったから、麺が欠かせませんなぁ。


このところの長雨で冷夏になるらしいけど、
一方で成人を18歳に若レイカでまとめちゃった夏になりましたねぇ。


ごちそうさまでした。


季節料理 ざこば (割烹・小料理 / 阿波座、本町、肥後橋)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区京町堀3-1-21(地図)
06-6443-4846

ふくや食堂 だし巻き 600円

久方ぶりに食堂



今日のお昼ご飯は、江戸堀にある「ふくや食堂」で、だし巻きの定食をいただきました。

だし巻きだけど、慣れ親しんだ「お家の玉子焼き」というのがぴったりの、
でも、だし巻きです。

こげ色が物語っている通りのしっかり味で、
ご飯のおかずにもってこいですなぁ。



赤だしのお味噌汁の登場が、ちょいと意外でした。

大阪にいて、トンカツ屋さんやお寿司屋さん以外で
どうということなくお膳に並ぶのは、珍しいですよねぇ。



今日も千林の師匠と二人でやってきたお昼ご飯。

「食堂」を感覚的に納得させられるお店ですなぁ。
きっと、硝子引き戸の大きな入り口が、食堂の趣きを
のぞかせているんだと思います。


マニフェストと名前だけ変えた政権公約が出てきましたが、
この選挙の特コウヤクにはならん感じやねぇ。


ごちそうさまでした。


大阪市西区江戸堀3-6-25(地図)
06-6444-0123

CAFE E&C ハンバーグオムライス 800円

大の大人も好きなもの



今日のお昼ご飯は、江戸堀にある「カフェE&C」で、ハンバーグオムライスをいただきました。

旗でも一本立てただけで、お子様向けに早変わりしそうでしょ。
ケチャップライスにウインナー、味わいもまさに、そのまんま。



まぁ、お子様は熱いスープやサラダは好かんかも知れないけどね。

幼少のみぎりに羨望の眼差しを向けていたものは、食べ物に限らず
いつまでたっても、嬉しくなるモンだと思います。



この頃、すっかりお昼時に禁煙が一般化しましたが、
逆の発想で喫煙可能と、ノミ仲間を集めるカフェでした。

タバコをのまない千林の師匠とワシには、ちょいと厳しいかな。


ごちそうさまでした。


大阪市西区江戸堀1-23-21(地図)

Café Chanky 若鶏のチリマヨソース 680円

あぁ、勘違い



今日のお昼ご飯は、江戸堀にある「カフェ・チャンキー」で、若鶏のチリマヨソースをいただきました。

塩胡椒の下味もきいてるんだけど、何でもうまいことまとめてしまう
マヨネーズの魔術というのがあると思うんです。



この若鶏ももれなく術中にはまっているんだけど、
そこへピリっと辛い一味を加えてるところが、心憎いよねぇ。

もうひとつの白身魚のフライはタルタルが添えられていたから、
マヨネーズ尽くしの一皿だったワケですなぁ。



当初は、千林の師匠と、揚げ物を食べることで合意していたのだけど
「若鶏」の二文字で、すっかりこれは唐揚げだと思っていました。

この刷り込みってやつの、汚センノウ度は高いなぁ。


ごちそうさまでした。


チャンキー (喫茶店 / 阿波座、肥後橋、本町)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区江戸堀2丁目7-5(地図)
06-6445-2118


季節のオマケ
【 続きを読む >>> 】

沖縄居酒家 石垣島 ポチギちゃんぷる~ 780円

暑いからイイご飯



今日のお昼ご飯は、江戸堀にある沖縄居酒家 石垣島で、ポチギちゃんぷる~をいただきました。

モヤシ、にんにくの芽のシャキシャキした歯応えの残り加減が、
絶妙なんです。
おいそれやすとは真似できない、お店ならではの仕上がりだよねぇ。



ポチギ(ピリ辛のソーセージ)の辛さも、タマゴと豆腐で、
ま~るくなっているので、コーレーグースをひと回し。
後を引かないサッパリした辛さが加わった、好みの味わいに
ニヤリとしちゃう一瞬です。



およそ2歳のチーママが、会社女史と健康女子には愛想をふりまくのに
ワシと千林の師匠には、一瞥もくれませんでした。
多くは期待していなかったけど、ちょいと嫉妬しちったお昼でした。


さて、小暑をショウショう過ぎた、大暑はタイショう暑い日になりましたね。
これからこの熱気が続くのを予想して、タイショうぶだろうか、
なんて考える人もいるんじゃないかなぁ、と思うんですが。


ごちそうさまでした。


沖縄居酒家 石垣島 (沖縄料理 / 肥後橋、本町、阿波座)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区江戸堀2-3-9(地図)
06-6445-0575

Thanks CAFE(再訪) スパイシーチキンのロットロ 750円

重なってることが大事なトコ



今日のお昼ご飯は、西本町にあるサンクスカフェで、スパイシーチキンのロットロをいただきました。

薄い生地が織りなす幾重もの層が、思ったとおりの歯ざわりで
期待を裏切らない仕上がりだったのが、ウレシイねぇ。

あふれるチーズに、シャキッとコシが残るレタスの甘さも
見逃せないトコです。



スープにサラダ、そしてポテトが取り揃えられるはずが、
ポテトが遅れ、やってきた頃には遅かりし由良之助。

しかし、収まりが良くて、くたびれていても食べやすい量でした。



千林の師匠、会社女史、健康女子の引率役が
すっかり定番化してきたと思う、今日この頃。

誰かの意思がはっきりしていると、行き先を決めるのは楽だと思います。
まぁ、反対に悩むことが多いんだろうねぇ。


悪石島は、暴風雨で日食どころじゃぁなかったそうですが、
それこそ天照様がクモガクレして、天岩戸に引きこもっちゃいましたねぇ。
ドロン!!


ごちそうさまでした。


Thanks CAFE (カフェ / 阿波座、西長堀、本町)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区西本町3丁目1-31(地図)
06-6534-5581


祝、部分日食のオマケ

【 続きを読む >>> 】

South Swell サンドウィッチ 850円

選ぶ冒険



今日のお昼ご飯は、西本町にあるサウス・スウェルで、サンドウィッチをいただきました。

好みのサンドを2種選べるのが、何より嬉しいねぇ。
ポテトサラダとサラミのサンドと、エリンギとベーコンのサンドにしました。

独特の風味と塩味のサラミに、舶来ものの存在感がよく出た組み合わせです。
しっかりしたパンで、食べ応えもありますねぇ。

もうひとつは、コリコリエリンギ、カリカリベーコン、サクサクパン、
3つの香ばしい味わいが整った食べやすさがエエんです。



だけど、先にコーンスープをさらってしまって、ボソボソしちゃったのは
ちょいとせっかちだたなぁと、反省するところです。

オムレツの入ったサラダも加わって、本当にお腹が膨れる内容でした。



健康女子やお散歩部長はよいとして、
パンの得意ではない千林の師匠には、
酷だったかな?と思うお昼でした。


衆議院が解散して、政権選択だの耳触りのよい言葉を並べ立てるけど
どこも内容がナイヨウなんだよねぇ。
困った困った。


ごちそうさまでした。


South Swell (カフェ / 本町、阿波座、西大橋)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区西本町2-1-1 (地図)
06-6535-8852

うな清 うなぎ蒲焼 1500円

土用丑まで待てない鰻



今日のお昼ご飯は、靱本町にある「うな清」で、うなぎ定食をいただきました。

濃いタレに絡められているのに、白身のやさしい甘さが
余韻として続くのがエエねぇ。



タレが染んだうなぎ味のご飯というのも大好きだけど、
時には、うなぎだけを賞味したい気分にもなります。

こうすると、この雲のような軽さと、香ばしさを併せ持つ、
江戸焼きの良さを、改めて意識するんですよねぇ。



本日は「うなぎの捕り物だ!」と召集した、
千林の師匠、会社女史、健康女子の精鋭部隊。

ドヨウだ、ドヨウだ!と取り囲んだはエエけれど、
勇み足はもちろん、ツカミドコロガナク、
あっさりと消えちゃいましたねぇ。


ごちそうさまでした。


うな清 (うなぎ / 本町、肥後橋、淀屋橋)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区靱本町1丁目1-19-102(地図)
06-6443-7082

Trois Plaisir エビとズッキーニのパスタ 1000円

風邪はお昼の迷惑です



今日のお昼ご飯は、瓦町にあるトロワプレジールで、エビとズッキーニのパスタをいただきました。

弾ける身と甘さを最大に高めたような仕上がりでした。



無理なく食べられるような量に見えるけど、実は目の錯覚で、
途中から結構いっぱい盛ってあるなぁ、と気づきます。

沢山が続くと、エエところがアダになって食傷気味になります。
とはいえ、慣れちゃうゼイタクな自分を恨めしく思う瞬間だねぇ。



まだ、夏風邪が抜けきらないのか、冷製スープのジャガイモが
喉に引っかかってしまいました。

「万病の元」じゃないけど、すんなり食べられないことは、
心の健康まで害されるように思うんです。
まぁ、酷くなるまで積み重なることはないだろうけどね。


ご飯に飲み物が添えられると、話が弾みます。

忘れちゃいけないけど、こういうときは、時間が経つのを忘れるね。




いつも選択肢があると、千林の師匠と健康女子の2人と分かれるんだけど、
揃って同じものをお願いした、珍しいお昼でした。


今朝方、1ヶ月遅れのスペースシャトルが打ち上げられたのを見て、
ようやくアースにはお帰りNASAいだねぇ、と思ったら、
実際の帰還はこの月末なんだね。
日食が宇宙から見れるのは、面白そうだなぁ。
(月の影が地球に落ちるそうな)


ごちそうさまでした。


Trois Plaisir (フレンチ / 本町、肥後橋、淀屋橋)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市中央区瓦町4-3-2 本町UMビル1F(地図)
06-6233-9345

ビクトリー(再訪) カツ野菜サンド 780円

昔ながらのサンドウィッチ



今日のお昼ご飯は、江戸堀にある「ビクトリー」で、トンカツ野菜サンドをいただきました。

食べ応えのある厚切りカツが、紛う方無い主役になっている
サンドウィッチです。
やわらかい、と言うてしまうと手垢にまみれちゃいそうだけど、
やっぱり、そのひとことがピッタリくるんだよね。



豚さんのつやつやしさ、甘さを、玉子サラダやお野菜が、
本当にうまいこと引き立ててるんです。

控えめに見えて、案外お腹はいっぱいになるのは、
ちょいとのポテトサラダや、ジャガイモのポタージュが貢献してるんだと
思うんです。



今日は体調の優れない会社女史に合わせてのお昼ご飯だったんだけど、
どっこい千林の師匠、健康女子、お散歩部長まで揃った大所帯に。

おかげで、女子とイカフライのサンドを交換してもらえました。
連れ立っていく特典はこういうところにもあるんだねぇ。


各地で35度を超える日が続いてますね。
この暑さに抗うことはできないから、我慢するよりモーショうがないねぇ。


ごちそうさまでした。


ビクトリー (サンドイッチ / 肥後橋、淀屋橋、本町)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区江戸堀1-23-31(地図)
06-6441-4147

Sincérité 牛クリーム煮 700円(+200円)

お野菜の協奏



今日のお昼ご飯は、京町堀にある「サンセリテ」で、お野菜がたっぷり添えられた牛クリーム煮をいただきました。

フォークで「すとん」と崩れるほど煮込んだ牛は、
赤身の旨味だけが残った、そぎ落とした感じがエエねぇ。

枝豆が彩りでも歯ざわりでも変化の強調点になってます。

また、このホワイトソースを、サツマイモやジャガイモのチップスの
ディップにしたら、それはよく合います。



サラダに、温野菜に、チップスに、色々姿を変えたお野菜が並びます。
嬉しいなぁ、と思うところに加えて、有機野菜と聞くと、
もうひとつ得した気分になりますなぁ。

パンはたっぷり3種類ついてくるので、お料理と相性をそろえて
食べられるし、お腹も膨れるねぇ。



ちょいと奮発して食後に贅沢なチーズスフレケーキを一品足しましょう。
甘いものがあると、お後の珈琲も、さぞ引き立つでしょ。



千林の師匠と健康女子を従えて、遠出しようと思ったけど、
照り返しの暑さに、3人とも参っちゃった。
何の偶然か、革命記念日に、土佐堀3丁目のバスティーユ前の
フランス料理屋さんを引き当てるところが笑えるねぇ。


ごちそうさまでした。


カジュアルフレンチ Sincerite (フレンチ / 阿波座、本町、肥後橋)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区京町堀2-11-18(地図)
06-6225-4013


季節のオマケ。

【 続きを読む >>> 】

うまいもんや 心-SHIN-(再訪) はもの香味揚げ 750円

夏を先取り



今日のお昼ご飯は、土佐堀にある「うまいもんや 心-SHIN-」で、はもの香味揚げをいただきました。

ちょいと粉っぽい片栗粉のサクイ衣と、はもの白身の相性がエエねぇ。
今日の青空を見て、夏やなぁと思うように、
はもは季節を感じさせる食べモンだよねぇ。



お皿も含めて、茶色の多いお膳に見えるでしょ。
だけど、揚げ豆腐もあるし、お味噌汁には、お野菜や「もろみ」とか
擬態して隠れているものが結構いるんだよね。



この味付けを担っているネギ醤油っていうのは、なかなか便利な味です。
揚げ豆腐にも、ハモにもある、淡白な甘さと、衣の香ばしさのどちらをも
引き立ててくれると思います。



千林の師匠と、健康女子から「久しぶりに、どお?」なんて誘われたお昼。
なんだか、呑みにいくみたいな感じが気持ち良かったなぁ。


そういえば、呑むといえば、キリンと、あのサントリーが経営統合するなんて、
都議選なんかより、本当にビックリしたなぁ。
やっぱり、ウイスキーに手がのビールんだねぇ。


ごちそうさまでした。

うまいもんや 心 (居酒屋 / 肥後橋、阿波座、新福島)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区土佐堀2-3-23(地図)
06-6441-8589

美食天地らーめん 遙華 黄金つけめん 750円(+100円)

不思議なカレーダシ



今日のお昼ご飯は、大阪駅前第3ビルにある、「美食天地らーめん 遙華」で、黄金つけめんをいただきました。

香辛料の鋭い辛さはそのままで、コクがあるけど、さらりと流しこめる、
そんな二律背反がなりたつ仰天カレースープ。
強いて言うなら、甘味のないココナツカレーかな?



しっかりとちぢれた麺は、冷たくもなく、熱くもない。
だから、スープは冷めないし、麺は延びにくいという優れものです。
味もしっかり絡むし、よう考えてあるねぇ。



煮卵とか色々の選択肢があったものの、ただ一途に麺が喰いたい気分だったから、
大盛にしたのだけど、満たされるには至らなかったねぇ。

欲どおしい腹の虫が、恨めしいなぁ。



暑さはそれほどでもないけど、雨の湿気がこたえる日でした。
このごろの寝苦しい夜がたたってシンドイねぇ。

冷却効果があるマットで苦情が急増しているそうだけど、
だれだって涼しくネッタイヤ!


ごちそうさまでした。


美食天地らーめん 遙華 (ラーメン / 北新地、東梅田、西梅田)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル 地下2階(地図)
06-6343-1658

四国のさぬきうどん 生醤油ゆうどん 330円(+170円)

巨猫が招くさぬきうどん



今日は、故あってちょいと前のお昼ご飯。
駅前第二ビルにある「四国のさぬきうどん」で、生醤油うどんをいただきました。

麺は一度締めたものを温めなおした、温い生じょうゆうどん。
温いおうどんのコシはのびのあるものになっていたけど、
冷たいものならまた違うんだろうねぇ。



ちゅ~っとダシをひと回ししても、麺を打つときの塩気で、
甘い味がおうどんからしてエエねぇ。

揚げ置いている天ぷらで、さすがにサクサクとはいかないけど、
薄い衣の軽い仕上がりで良かったです。



この日は、雀の大将との用事を首尾よく昼からにあわせ、
駅前ビルを経由することに。
ふと、大将が猫の置物と目が合ったような気がしたと言う。
妙に破壊力のあるその表情に誘われるがままに入店。


しかし、お店の名前はなんで「香川」じゃないんだろう。
讃岐うどんだけに、ぬきサヌキならないかと。なんちゃって。


手打ち麺のセルフ店 四国のさぬきうどん (うどん / 北新地、西梅田、東梅田)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビルB2(地図)
06-6345-4590

Michelia ツナと山東菜のクリームソースパスタ 800円

異彩を放つパスタ



今日のお昼ご飯は、江戸堀にあるミケリアで、ツナと山東菜のクリームソースパスタをいただきました。

タリアテッレは滑らかさとプリプリしたコシがとっても特徴的でええねぇ。
山東菜のシャリっとした歯ごたえとも良う合うて、うどんみたいやなぁ。



あんまりソースの絡みやすい麺じゃないけど、サラッとした仕上がり。
でも味が濃くないというところが、もうひとつありがたいところです。



前菜の甘エビが優しい食べやすさで、胃の活性化にはもってこいやね。
そのぶん、とうもろこしみたいな甘い風味のパンが、
ちょいと重く感じるのが、食い合わせの不思議だね。



会社女史の都合に合わせ、千林の師匠、健康女子と連れ立って
肥後橋までの昼飯行脚。
歩きだと時間いっぱいいっぱいでした。


このごろオヤジギャグの冴えがないからと選んだタリアテッレ。
注文すればヒラメキがやってくるってね。


ごちそうさまでした。


Michelia (イタリアン / 肥後橋、淀屋橋、北浜)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区江戸堀1-4-23(地図)
06-6450-3659

ASSE(再訪) ソーセージのトマトソースパスタ 900円

長くて細いのには変わりないか・・・



気が付くとまたまた(ハ)さまの追っかけをしてますねぇ、しかも同じお店です。
裏を返せば、そんだけエエところということでしょう。
今日のお昼ご飯は、江戸堀にある「アッセ」で、ソーセージのトマトソースパスタをいただきました。

ソーセージの香草風味で味わい深いトマトソースになってるのがエエねぇ。
一瞬ミンチやん、と思うのは早計で、皮をはいで食べる白いヤツ
(ミュンヘナーヴァイスブルスト)だったんだねぇ。



相変わらずの豪勢な8種盛りの前菜です。
夏風邪に蝕まれているせいもあってか、この時点ですでに満足してたなぁ。

今回はピザが食べたいと思っていたけど、千林の師匠も、健康女子も、
お散歩部長も麺な気持ちだったらしく、コリャアカンとサジを投げました。



七夕だから、素麺が食べたいなぁとのたまいましたところ、
「パスタにしましょう!」と寄り切られてのお昼ごはん。
会社女史か、師匠からの噂が好評だったようですなぁ。


しかし、何で織姫、牽牛が引き裂かれたのか覚えてますか。
夫婦の戯れあいが、周りの目に余ったんでしょうか、
帝は怠惰な生活に反タイダったので、強制労働をさせてるんだねぇ。


ごちそうさまでした。


ASSE (イタリアン / 肥後橋、淀屋橋、本町)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区江戸堀1-22-2(地図)
06-6443-9100

一朗 お刺身 880円

一杯のイカから、さまざまな口当たり



今日のお昼ご飯は、京町堀にある「一朗」で、お刺身の定食をいただきました。

マグロにはあんまり興味がないけど、イカは好き。
剣イカのヌメヌメ、コリっとした舌触りがタマランねぇ。

中でもプチプチした吸盤のついたプリプリのゲソが醍醐味です。



角切りトマト添えの冷奴は、青じそドレッシングで濃い味だけど、
ツルっと収まる喉越しが暑い日にピッタリやねぇ。

カニのほぐし身も付いていたけど、どんなんやったっか
よう覚えてないなぁ。



アツアツのおうどんに、刻んだお揚げさん、おネギと質素なぶん、
よ~くダシがきいてる大阪のおうどん。

冷たいモンばっかりじゃぁ、夏バテするからねぇ。



実は、風邪気味のワシ、どうもダルイという千林の師匠と健康女子、
食べて調子を戻したけれど、しゃんとするには至らんかったなぁ。

風邪はもちろんだけど、この夏は政局にも注意しんとねぇ。
どっちもコジレルと厄介ですから。


ごちそうさまでした。


一朗 (レストラン(その他) / 肥後橋、本町、淀屋橋)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区京町堀1-9-16(地図)
06-6443-9621

Brasserie MASSÉNA 魚介のブイヤベース風煮込み 1000円

仏モン惣菜のひるげ



今日のお昼ご飯は、新町にあるブラッセリーマセナで、魚介と野菜のブイヤベース風煮込みをいただきました。

皮目の香ばしい白身魚から、貝、野菜の旨味が凝縮されて、
とっても贅沢な味わい

よく熱を溜め込んだココットのおかげで、長~くアツアツが楽しめるけど、
涼しいお昼じゃないと思うと、汗が噴き出してきそうだねぇ。



押し麦とオムレツは混じりっ気なしの仕上がりなんだけど、
コレだけで食べれちゃう。
ただ、淡白すぎるから、後々はココットに残るソースと合わせちゃいました。
エエ味付けになるんだけど、本当にお腹が膨れるひと揃えやったねぇ。



最初に供されたヴィシソワーズには、胡麻とタピオカという変わりダネ入り。
脂肪系のコクも、芋の甘さもあるから、舌ならしにピッタリでした。

タルティーヌのザワークラウドや、ビーツで色づけしたキャベツのマリネ、
どちらの惣菜も単にサッパリだけじゃなく、深みもあって、
酸味の使い方がうまいよなぁ、とワシ思た。



そういえば、今朝はこの夏初めての蝉の声を聞きました。
大合唱になる前触れだけど、坊主めくりでセミマル引いた気分だねぇ。
ワシ夏苦手なのよ。


ごちそうさまでした。


Brasserie MASSENA (フレンチ / 西大橋、四ツ橋、心斎橋)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市西区新町1-23-14(地図)
06-6531-7528

船場 大吉寿司 平野町店 にぎり寿司 800円

蛸を求めて危うい目にあう



今日のお昼ご飯は、平野町にある「船場 大吉寿司」で、にぎり寿司をいただきました。

半夏生にはつきもののお昼を食べようというたくらみ。
ところが蛸にとらわれ、それこそハッポン塞がりになった中、
千林の師匠と会社女史を引き回して挙げた戦果です。



少し物足りないように思うけど、そこは収まりのよさですなぁ。

たっぷり10貫に、冷たいおそば、玉ねぎのお味噌汁を食べたお腹具合は
きっと、残業しても十分持ちこたえられるねぇ。



(大)ってな選択肢もあったけど、何が大きくなるんだろう?
お寿司なら嬉しいけど、でっかいおそばが出てきたら虚脱感あるだろうねぇ。
アホなことで3人で真面目に盛り上がったお昼でした。


ごちそうさまでした。


大吉寿司 平野町店 (寿司 / 本町、肥後橋、淀屋橋)
☆☆☆☆ 0.0

大阪市中央区平野町4-7-8(地図)
06-6231-5630

GRAND CAFE AMARANCE カツサンド 1000円

レトロビルヂングでサンドウィッチはいかが?



今日のお昼ご飯は、土佐堀にある「グランカフェ・アマランス」で、カツサンドをいただきました。

オーロラソースに似た濃厚なソースが、カツとカリッカリに炙ったパンを
つなぐ役割になっててエエねぇ。

ごくごくうっすらと塗ってある具合が控えめで、食べてる途中に
崩れる、滴る、いずれもないから、ありがたいかぎりです。



コレをほうばった後にいただく、りんごジュースの甘酸っぱさで、
すっきりの後味も決まって、バッチリですなぁ。

カレーを食べた千林の師匠に、会社女史、健康女子はサンドイッチ。
師匠は残らんかなぁとちょっぴり考えていたそうですが、
おいそれやすとは、アマランっスよ。

一緒に出てくる珈琲が、合わせたかのように、コクがあって深い味わい。

好みに良く合う、琥珀色の一杯でした。



年輪を重ねたビルヂング好きには、堪らんひと時でした。
エエ建物だねぇ。


ごちそうさまでした。


大阪市西区土佐堀2-3-5(地図)
06-6443-2323

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。