プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

06 ≪│2010/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たわら家 お刺身 750円

海老があると・・・



今日のお昼ごはんは、立売堀にある
たわら家で、
お刺身の定食をいただきました。

角の立った切り身からも、
プリプリの甘エビからも、
新鮮さが主張されていてエエねぇ。



天ぷら、フライ、刺身にカップヌードルまで、
日本人は海老が好きですよねぇ。

お祝い事の出席率はメチャクチャ高いんじゃぁないかなぁ。
それこそ昨日結婚した成田屋さんもエビだし、
ちょいと前に結婚したモデルさんもエビだったねぇ。

しかし、エビって飽きやすい味なんだよねぇ。
あくまで個人的な意見だけど。



本日はいつもどおり千林の師匠とのお昼休みでした。


友好が広いとはいえ、参加者が千人近くをもてなすんだから
疲れて文字通りヒロウ宴になるんじゃないかなぁ。
これも個人的な意見です。


ごちそうさまでした。

たわら家



大阪市西区立売堀1-13-12(地図)
06-6538-1515
スポンサーサイト

VEGE食堂 あらき家 古代米とさつま汁の定食 850円

健康ごはん、家で難しかったら食べに行こう



今日のお昼ごはんは、阿波座にある
「VEGE食堂 あらき家」で、
古代米とさつま汁の定食の定食をいただきました。

お味噌汁は南へ行くほど具だくさんになりますよねぇ。
さつま汁なんてその最たるものじゃないかなぁ。

お野菜、こんにゃく、鶏肉など、ごっそり入っているから
ごはんだけでも十分お腹が膨れます。



それでも余りあるくらいのご飯粒が
当たり前のように盛りつけてあるんだけど
お供になるおかずが揃っているからエエねぇ。

決して濃くないけれど、
一味加わって深い味わいのあるお惣菜のおかげで、
バッチリ完食致しました。



本日は千林の師匠がおらず、会社女史とのお昼休み。
おかげで師匠には拒否される雑穀ごはんを堪能できました。


脂がよく落ちたご飯は、すぐにお腹もヘルシー
優しい献立、ということが実感できるよねぇ。


ごちそうさまでした。


あらき家



大阪市西区阿波座1-9-16(地図)
06-6531-3373

和おん 鯖の竜田揚げ 880円

味が奏でる和音



今日のお昼ごはんは、本町にある
「和おん」で、
鯖の竜田揚げとお刺身がくっついている定食ををいただきました。

よく太ってふっくらしているのに加えて
味も濃厚なエエ鯖でした。

パリパリの衣付きでで食べることは
あんまりないお魚だけど、
モノがエエとなにしても満足やねぇ。



もひとつ目玉、カンパチのお刺身も
テリテリの、ゴリゴリで、文句なし。

揚げ物とは正反対の味わいで、
お魚天国気分を満喫しました。



本日は千林の師匠と徹夜明けでいまいち元気がでないから
コメ・サバ~を選んだお昼休みでした。


ごちそうさまでした。


和おん



大阪市中央区本町4-8-6(地図)
06-6241-1138

樽 鶏唐揚げ 700円

足るを知る樽の昼



今日のお昼ごはんは、江戸堀にある
「樽」で、
鶏唐揚げの定食をいただきました。

蜂蜜みたいな甘い風味が隠し味です。

つけダレか何かだとは思うけれど、
こうした一手間の味がエエよねぇ。



衣のカリカリと鶏の柔らかさが
なかなか高い次元で合致していて
好みのど真ん中だったんだよねぇ。

品揃えも、彩りも多くてウレシイ内容でした。



本日は千林の師匠と、大忙しのなか
抜けだしてつかみとったお昼休みでした。


抜けたといえば、とある大阪の衆議院議員が社民党を離党しましたねぇ。
もう、党にはキヨミない、ってことだねぇ。


ごちそうさまでした。


樽 江戸堀店



大阪市西区江戸堀1-22-1(地図)
06-6444-1154

名代 宇奈とと うな重 1300円

財布の精力不足にもコウカあります



今日のお昼ごはんは、安土町にある、
名代 宇奈ととの大阪本町店で、
うな重をいただきました。

甘い身はふっくらさせたままに
うまいこと焼きあがってました。

まか、タレの焦げ具合とかで、
いっぱいつくって提供するモン共通の味が
あるんだけど、これは好みの問題やねぇ。

500円のうな丼から、1300円のうな重まで、
値幅が顕著に量へ転嫁されているのはエエねぇ。



今年のはじめに、土用丑、危ウシという
稚魚不足があったでしょう。

だから今年は、「う」のつく太くて長い別のものを食べよう
と決めていたのだけど、
やっぱり香ばしいタレの匂いがしたら、
抗えなかったねぇ。



本日は久しぶりのお一人様だったので、
ほんのちょっと遠征してみたけど、
後悔を覚える暑いお昼休みでした。


それこそ、土用丑だけに気温もウナギノボリだったねぇ。


ごちそうさまでした。

名代 宇奈とと 大阪本町店



大阪市中央区安土町3-4-2(地図)
06-6265-6969

piece cafe aim オムライス 700円 (+250円)

崩れ落ちる半熟たまごのオムライス



今日のお昼ごはんは、靱本町にある
「ピースカフェエイム」で、
デミグラスソースとチーズをあしらったオムライスをいただきました。

こってり濃度の高い味わいとか、
半熟たまごのながれるようなゆるい舌触りに対して、
中のご飯粒を五穀米みたいな粒々ごはんにして、
全体の釣り合いをとっているのがエエよねぇ。



暑くなっても身体の調子がエエと
食欲が余分にでてきて、
甘いものなんかあると
テキメンに飛びついちゃいます。

レモンの風味できりり引き締まって
ただ甘いだけじゃないタルトは、
難なく別腹へと消えていきました。




本日は千林の師匠との暑苦しい行脚に、会社女史がくわわり
会話もちょいと爽やかなお昼休みになりました。


それでも、大暑の名に恥じぬ猛烈な暑さには
タイショできないねぇ。


ごちそうさまでした。


ピースカフェ エイム



大阪市西区靭本町1-5-9(地図)
06-4306-4519

Bistrot le Pichet ハマチのムニエル 1050円

ソースで食べさせる正攻法の仏料理



今日のお昼ごはんは、京町堀にある
ビストロ ル ピシェで、
ハマチのムニエルをいただきました。

ハマチの皮目が持ち前の脂で、
パリっと焦げているところがエエよねぇ。

なみなみと注がれたソースの味は濃いけど、
たっぷりのお野菜とあわせるのが良いようです。

野菜はお腹も膨れるし、ありがたいねぇ。



最初にいただいた冷製スープからは、
ごんぼの土臭さがうまいこと感じられて好きな味わいでした。

そこで思い出したのが、
「はじめよければ全てよし」ってやつです。

最初さえ上手く行けば、あとは大丈夫
という希望的な言葉になってますよねぇ。

でも最初の一歩をよくするのは難しいし、
よくした歩みを最後まで続けさせるのは
もっと難しいんだけどねぇ。



本日は千林の師匠とのお昼休み。


連日、最高気温は高止まり、あまりの熱気に
ヒーっト悲鳴がこぼれるよねぇ。


ごちそうさまでした。

Bistrot le Pichet



大阪市西区京町堀1-11-3(地図)
06-6444-1170

TEA & CAFÉ BER Ran-En フライ盛り合わせ 680円

食べさせる喫茶



今日のお昼ごはんは、靱本町にある
「TEA & CAFÉ BER Ran-En」(Barではないみたい)で、
フライ盛り合わせの定食をいただきました。

明快な味つけや、確かな食べ応えのある揚げ物には
合いの手のご飯粒が欠かせないよねぇ。

それでも余りある見た目以上の米の量で
本当にお腹いっぱいになりました。



暑くなると唐揚げが売れるというのだけど、
それって麦酒のお供になってるんじゃぁなかろうか。

そもそも唐揚げに季節感なんてあるのかなぁ。



本日は千林の師匠と、暑さでダラダラと過ごしたお昼休みでした。


あまりの猛暑つづきに、遠出もはばかられます。
暑いからモウショこでもエエやんと、やる気がそがれるねぇ。


ごちそうさまでした。


大阪市西区靱本町1-4-4(地図)
06-6441-2968

ブルーマウンテン サンドイッチ 580円

漫画喫茶じゃないけど漫画の揃えが自慢



今日のお昼ごはんは、阿波座にある
「ブルーマウンテン」で、
サンドイッチをいただきました。

半熟のトロっとした加減が、パンのフワフワと相まって
柔らかさが前面に出てるところがエエよねぇ。

つかめないくらいだもんねぇ。



玉子焼きを挟むのが、大阪様式というのを
コメントで教えていただいたのが、ちょいと前。

たしかに、喫茶店では
そのとおりのモノが出ててきたねぇ。



本日は千林の師匠と、壁一面を埋め尽くす漫画には目もくれず
しゃべり倒したお昼休みでした。


まぁ、真昼の避暑を求めるのには丁度良いx
ヒっショりしたところだったねぇ。


ごちそうさまでした。


ブルーマウンテン



大阪市西区阿波座1-10-14(地図)
06-6531-6814

Albino 鶏の照焼 650円(+100円)

たっぷりの光が照らす昼食



今日のお昼ごはんは、京町堀にある
アルビノで、
鶏の照焼をいただきました。

皮質の照り張りがエエもんだから、
豚の角煮と似たような魅力があるよねぇ。

焼いているというよりは、
蒸し上げたようにさっぱりしていのが
不思議なところでした。



たとえ取皿がちいさくたって、
サラダバーがついているのは、
本当にウレシイよねぇ。

大好きな芋や南瓜とかホクホクしたモンを
たっぷり盛りつけちゃいました。

追加の珈琲には
パウンドケーキのおまけつき。

ビル三階の露台の開放感は
エエんだけど、じわりと熱気が
押し寄せてくるんだよねぇ。




本日は千林の師匠とのお昼休み。


休みの間に、ちょいと京都まで行ってる余裕がないから、
せめてコンチキチンで、ギオン祭りの宵にでもしようかな。


ごちそうさまでした。

Albino



大阪市西区京町堀1-8-28 エントレーズ3F(地図)
06-6445-1189

炉ばた焼 白鳥 立売堀店 ヒレカツ 700円

正真正銘、揚げたてのシアワセ



今日のお昼ごはんは、立売堀にある
「炉ばた焼 白鳥」で、
ヒレカツの定食をいただきました。

豚さんへの火の通りは抜群に良くて、
肉厚の食べ応えもあり、歯切れもよいし、
おまけに衣のザクザクした香ばしさも、
文句の付け所がないねぇ。



エエ揚げモンを「きつね色」と言うけど、
未だかつて狐を実際に見たことないんだよね。

気づかないうちに知ったかぶりしてること
多いんだろうなぁ。

それこそ、今日のヒレ肉だって、
何や言うてどこまで答えられることやら。



本日は千林の師匠と、最近はやりの「なぞかけ」で
大いに盛り上がったお昼休みでした。


ということで、ストッキングとかけまして疫病とときます。
そのこころは、どちらもすぐにデンセンします。


ごちそうさまでした。


炉ばた焼 白鳥 立売堀店



大阪市西区立売堀3-7-16(地図)
06-6534-0802

COFFEE HOUSE Bonjour カレーライス(大) 700円

公園きわでも前近代的な喫茶店



今日のお昼ごはんは、京町堀にある
「コーヒーハウスボンジュール」で、
ボンジュール特製カレーをいただきました。

なんということはないようで、
ルゥに溶け込んだ野菜からの甘酸っぱい味わいを
引き立てているところなんかが、
特製なんだろうなぁ。



一番の存在感を誇示している目玉焼きなんですが、
この半熟ぐあいを難なくだしちゃうところに
年季みたいなモンをくっつけたくなっちゃいます。

おしゃれなお店が立ち並ぶ、うつぼ公園沿いにあって
刻んできた時間を自然体で包み隠さずさらけ出しているのが、
逆に目立ってエエんだよねぇ。



本日はあまりの激しい雨で、千林の師匠から
近場じゃなきゃヤダと駄々をこねられてしまった
お昼休みでした。


これだけ雨が降ると、人の流れも、川の流れも
カサが増えるだろうねぇ。


ごちそうさまでした。


大阪市西区京町堀1-14-24(地図)

横堀飯店 天津飯 650円(+200円)

古参の匂い漂う横堀の中華



今日のお昼ごはんは、本町にある
「横堀飯店」で、
天津飯を大盛りにしていただきました。

琥珀色の餡、白飯、ふわり焼きあがった玉子が
三位一体となって豊かな味わいと
色合いをつくりだすところが好きなんだよねぇ。

器の中では目立たないんだけど、
細もやしの歯応えが地味にエエ働きをしていて、
退屈しそうな量でも、最後まで鮮明な味わいを
愉しむことができました。



ちょいと見方を変えると、
「中華あんかけオムライス」。

だけど、オムライスも天津飯も
国産献立なんだよねぇ。

なんか蓋をして隠しちゃうところが
国民性の現れなんかなぁ。



本日は千林の師匠に加え、城東のスナフキンが参加する
珍しいお昼休みでした。


なんだか代表が交代してからバラバラの与党だけど、
もうちょっと首相は党と政権の運営をカンがえナオトうよ。
とワシ思う。


ごちそうさまでした。

横堀飯店



大阪市中央区本町4-8-6(地図)
06-6241-0277

旬魚菜きんちゃく 天ぷら 1000円

気分も贅沢な天ぷらんち



今日のお昼ごはんは、江戸堀にある
旬魚菜きんちゃくで、
天ぷらの定食をいただきました。

朝からの土砂降りが、
重たい湿気を充満させて
服から紙からなんでもかんでも
ヨレヨレにしちゃうときだから
パリっと軽快なものは
キモチエエよねぇ。



定番の海老や、季節のお豆さんなど、
3品づつを通し上げしてくれるので
はじめからおわりまで、アツアツのパリパリが
楽しめるところが、なんともありがたいです。

おでん屋さんなのに、天ぷらとはコレいかにと思ったけど
ネタを鍋から引き上げるのはいっしょだねぇ。



本日は千林の師匠と、盛り上がらない選挙談義を交わしたお昼休みでした。


まぁ、安直に擁立した有名人の敗因は
かタレント、言うところだろうねぇ。


ごちそうさまでした。


きんちゃく 江戸堀



大阪市西区江戸堀1-18-20(地図)
06-6443-2353

きすい 鶏なんそば 850円

近所に貴重なそば屋さん



今日のお昼ごはんは、江戸堀にある
「き水(きすい)」(「き」は喜ぶの旧字七三つ)で、
鶏なんそばをいただきました。

玉ねぎの薄切りが、ちょいと珍しい具材なんだけど
それで全体がほんのり甘い味わいになっていたのが
エエよねぇ。



ひとたびおそばを食べ始めると、
あいだにご飯粒やおかずをはさむことなく
いっぺんに食べきっちゃいました。

まとまりの良い一品の不思議なところやねぇ。



このごろになって、遠出が疲れたというフシがある
千林の師匠とのお昼休みでした。


今日はちょいと涼しかったけれども
このところの蒸し暑さには、ウエットなるよねぇ。


ごちそうさまでした。

そば処 きすい



大阪市西区江戸堀3-7-14(地図)
06-6443-7465

Mia Gioia アマトリチャーナとツナのカッペリ 900円(+200円)

悩まずとも色々食べられます



今日のお昼ごはんは、むか~し、と言っても去年の話だけど、
(ハ)さまがしたためた記事を頼りに、新町にある
ミーアジョイアで、
パスタの2種盛りをいただきました。

カッペリ(ケーパー)の風味と塩味が素朴なパスタと
ベーコンとトマトの旨味で奥深い濃厚なパスタの
両方をいっぺんに食べられる欲張りなところが
とってもエエねぇ。



前菜も、暑い日に欲しくなるようなものが
見事に揃っていました。

燻煙の香りづけがされた魚介のマリネや
夏野菜の網焼きなんて、もってこいやねぇ。



すっかり気を良くしたところで、
食後に甘いものを加えました。

柑橘類やさらさらの蜜のとても清々しく、
やっぱり季節にあわせたものはエエよなぁ、
と思うのでした。



本日は千林の師匠が応援するスペインが勝ち進み、
ワシの応援していたドイツが敗れ、
悲喜こもごものお昼休みになりました。


まぁ、ドイツもコイツもよう頑張ったよね。


ごちそうさまでした。


ミーアジョイア



大阪市西区新町1-33-8(地図)
06-6543-8880

福島上等カレー 阿波座店 唐揚げカレー 680円(+200円)

重量級カレー



今日のお昼ごはんは、西本町にある
福島上等カレーの阿波座店で、
唐揚げカレーを大盛りでいただきました。

カレーライスが好きだから、
条件反射的に大盛りを注文しちゃうワケです。

こってり甘くちょいと辛いルゥは重量感がすごくて、
想像以上にしこたま食べた気分になりました。



そこで、具とカレーが一緒くたじゃないところが
エエんだよねぇ。

定番のお漬物類とは別に、変化を加えるものがあると
より一層、最後までオイシイおもいができるんですねぇ。



本日は千林の師匠と、七夕の短冊に
何を願うかで盛り上がったお昼休みでした。


オチが浮かばないかわりに一曲。
7月7日ピッタリのGAMES PEOPLE PLAYなんてどうでしょう。
ナナ・ナーナ・ナナーナ♪


ごちそうさまでした。


福島上等カレー 阿波座店



大阪市西区西本町2-4-19(地図)
06-6534-4122

麺屋あわざ あわざラーメン 950円

海老がきいた塩ラーメン



今日のお昼ごはんは、立売堀にある
「麺屋あわざ」で、
あわざラーメンの餃子の組み合わせをいただきました。

海老の風味を基本にした塩味のダシに、
具にも海老ワンタンが加わる海老づくしのラーメンで
これがとても特徴的でした。



だしが絡んだ細麺をすすると、
一層、独特の風味が高まります。

煮物とかの生臭い風味じゃなく
カッパえびせんみたいな
軽い味わいになっているところが
すっきりしていてエエよねぇ。



本日は、千林の師匠が胃腸の不良をしきりに主張していたけど
やっぱり食べたらコロリと元気になったお昼休みでした。


週末の参院選を前に、各党が広報活動を展開してるけど
蓋を開けてみたら、案外どこもパッとしないセンキョうに
なるかもしれんねぇ。


ごちそうさまでした

麺屋 あわざ



大阪市西区立売堀4-9-10(地図)

カフェ・ド杏道麗 ポークカツ 730円

カフェ ド オスカルはないのか!とか思う人は十分エエ歳です



今日のお昼ごはんは、江戸堀にある、
カフェ ド杏道麗(アンドレ)で、
ポークカツをいただきました。

いまさらながらに気がついたけど、
多分、正式にはポークカツレツであって、
普段ぱっと浮かぶ「トンカツ」は、
和製語なんだろうねぇ。

物はほぼ一緒だけど、受ける印象は
随分違ってくるのがオモシロイなぁ。



デミグラスソースもエビフライのタルタルも
このお店で仕込んでいるんだろうなぁ、
と思わせる古めかしい味わいがなんともエエねぇ。

しかし、このおかずをもってしても手に余る
ごはんの山で、本当に腹太くなりました。



現場から戻って久しぶりに千林の師匠とのお昼休み。


賭博汚染の事態収拾をはかる相撲協会ですが、
いろんな保護も名古屋場所を最後にオワリにしたら
エエんちゃうかなぁ。
本当に大事なら残そうと新たに動くもんがあるよねぇ。


ごちそうさまでした。


Cafe de andore



大阪市西区江戸堀1-23-26(地図)
06-6445-0745

さんまの蒲焼 0円

現場の社食でごちそうになる その2



今日のお昼ごはんも、とある会社にある海の見える社員食堂で、
日替わりだったさんまの蒲焼をご馳走になりました。

引き締まった切り身に、しっかり甘辛いタレが絡んでいて、
かなりのごはん消費を促すおかずだねぇ。

汗かく現場は体力勝負だから、
尚更に身体が求めるエエ味でした。


そんなワケで、冷房のきいた食堂に入ると、
汗ダクの肌着が冷やっとクールねぇ。


ごちそうさまでした。

焼肉定食 0円

現場の社食でごちそうになる その1



今日のお昼ごはんは、とある会社にある海の見える社員食堂で、
日替わりだった焼肉の定食をご馳走になりました。

とはいいつつ、薄切り肉に野菜たっぷりで、
味つけは控えめという仕上がりでした。

しかし、間仕切ったお皿って久しぶりに見たねぇ。


さて、日本代表がわざわざ帰国場所を関空(KIX)を選んだのは、
国内でのキックスタートの為だったりして。
本当のところは協賛企業の都合だろうけどね。


ごちそうさまでした。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。