プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

12 ≪│2011/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和'S ダイニング 梅小鉢 サーモンイクラ丼 750円

別名、海鮮親子丼



今日のお昼ごはんは、西本町にある
「和'S ダイニング 梅小鉢」で、
奉仕品だったサーモンイクラ丼をいただきました。

トロっと余韻たっぷりに口溶けしていくサーモンと
プチっと勢い良く弾けるイクラとの対比がエエねぇ。

ごはんを多めに盛りつけた分が、ちょうど余ったけれど
備え付けの香の物が存分に味わえたので、
お供に不自由しませんでした。



寒いから、温いモンが食べたい気持ちは
みなさま同じで、自然と混むところも似かようでしょう。

しかし、時計の針が13時を指そうかという段でも
どこもかしこも混雑つづき、というのは異常だねぇ。

それだけ冷え込みの厳しさを表しているんだろうけど、
遅くに休みをとる優位性が、逆にアダになっちゃた。



結局、頑張ってはみたものの、
思い通りの湯気がたっぷり立ち上る献立には至らず
その悲しみか、寒さが身に染みてか、
千林の師匠もバナナマン氏も口数少なく歩むお昼休みでした。


エジプトの大統領去就を巡るデモは、
ムバラク収拾できそうもないねぇ。


ごちそうさまでした。

和’S ダイニング 梅小鉢




関連ランキング:居酒屋 | 本町駅西大橋駅四ツ橋駅


大阪市西区西本町1‐5‐9 日清ビルB1F(地図)
06-6648-8440
スポンサーサイト

Sincérité ソーセージとブロッコリーのキッシュ 800円(+200円)

キッシュの奇襲



今日のお昼ご飯は、京町堀にある
「サンセリテ」で、
ソーセージとブロッコリーのキッシュをいただきました。

やっぱり素材重視のうす味になってるねぇ。

玉子や生地の風味が全面にでていて、
一番主張しそうなソーセージはクセがなく、
食べ応えに徹してる感じやね。


食後のお菓子に、
外側がクッキー生地の焼き菓子を
選んだもんだから、
パン、キッシュのタルト生地と
3つ合わせて口の中から
水分を奪うものづくめに
なっちゃった。

モサモサとさせながら、
内容の選択を誤ったと
気がついたワケです。



とはいえ、ちょいとカワイイ献立に対して、
一方の千林の師匠と、バナナマン氏は
日替わりのお肉を雄々しく胃袋に収めたのでした。


いよいよ週末は、アジア杯の決勝、

前回の直接対決からはや5年、
豪州選手にも物オージーしない
チームになってるんじゃないのかなぁ。
楽しみなトコロです。


ごちそうさまでした。

カジュアルフレンチ Sincerite


大阪市西区京町堀2-11-18(地図)
06-6225-4013

旬魚菜きんちゃく 天ぷら 1000円

シメの一工夫がお楽しみ





今日のお昼ごはんは、江戸堀にある
旬魚菜きんちゃくで、
天ぷらの定食をいただきました。

千林の師匠が不在なのをエエことに、
パン食のお昼を提案してみたところ、
バナナマン氏は即断で却下。

師匠の「腹にたまらないから」とは違い、
「温まる要素がないから」と
冬を意識した理由をいただいたワケです。



最後は、女将さんイチオシの食べ方、
かき揚げの天茶でさらさらと。

ちょいと塩をふりかけて、
まるで呑んべのシメみたいだけど、
いつ食べても、コレはエエねぇ。



この冬の鳥インフルエンザの影響で、
ヨーケー処分されてるのをみると
いろんな意味で胸が痛むねぇ。

早く収束してほしいものです。


ごちそうさまでした。


きんちゃく 江戸堀



大阪市西区江戸堀1-18-20(地図)
06-6443-2353

魚菜 さか蔵 アジの梅じそ揚げ 800円

フソクの事態



今日のお昼ごはんは、西本町にある、
「魚菜 さか蔵」で、
アジの梅じそ揚げをいただきました。

日替わりの西京焼きが底を付いたため、
急遽、出てきた代打選手という一品。

思いの外、油のコクと、しそのさっぱりを兼ね備えた
右投げ左打ち選手みたいなスグレモンやねぇ。



すっかり粕漬けの口になっていたので、
まぁ、魚ならと決めたワケです。

しかしバナナマン氏は、ソースカツへと、
大きな変更に踏み切ったんだけど、
それは英断だったと羨ましくなるほど、
隣の芝生は青かったなぁ。



千林の師匠も含めて、お昼休みの話題は
無論、昨夜のアジア杯でもちきり。
みなさま気合十分ニッ、カンセンしたようで。


ごちそうさまでした。

魚菜 さか蔵




関連ランキング:居酒屋 | 本町駅肥後橋駅西大橋駅


大阪市西区西本町1-7-8 柴田東急ビルB1(地図)
06-6535-5232

本気炭火焼鶏料理 壱屋 親子だし巻き 680円

見た目はコドモ、中身はオトナ



今日のお昼ごはんは、本町にある
「本気炭火焼鶏料理 壱屋」で、
親子だし巻きの定食をいただきました。

だし巻きと唐揚げの組み合わせで、親子と思ったら
どっこい、だし巻き玉子で鶏そぼろを包んだ形の
親子関係なんだねぇ。



見た目では、コドモに圧倒的な存在感があるけど、
味の方では、オトナの甘く濃いそぼろ味が
完全に支配しているんだよねぇ。

玉子好きなバナナマン氏やボクは、
黄色い面積が多く盛り上がる献立でした。




そんな玉子や鶏は年末から高止まりしてるけど、
やっぱり猛インフルってる流行病のせいかねぇ。


ごちそうさまでした。


旬感野菜と香地鶏 本気炭火焼鶏料理壱屋 本町店




関連ランキング:焼き鳥 | 本町駅肥後橋駅淀屋橋駅


大阪市中央区本町4-7-4 B1F(地図)
06-6264-1409

焼きトンおおくら 茶美豚ロース焼き 780円

炭火焼の豚さんをいただきました



今日のお昼ごはんは、京町堀にある
「焼きトンおおくら」で、
茶美豚ロースの定食をいただきました。

脂身がうっすら透き通るくらいの
柔らかさを残した焼き具合がエエよねぇ。

ちょうど表面の漬けダレが焦げる香りと、
しっかりした味つけで、ご飯茶碗は手放せないです。



茶美豚と同じように、色んな当て字を駆使して、
印象的な品物をにしているものは、
オモシロイと思うんですよねぇ。

でもこの頃、変わった当て字で
読めない名前の人物も増えています。

ただ、よみが分かっても、ダジャレじゃないから、
オモシロイとも言えないところが大きな違いです。



お年玉付年賀はがきの当選番号を調べたけど、
ネンガんのふるさと小包は当たりませんでした。

どの葉書にも、シンネンはあったんだけどねぇ。


ごちそうさまでした。


焼きトンおおくら




関連ランキング:焼きとん | 肥後橋駅本町駅淀屋橋駅


大阪市西区京町堀1-13-23(地図)
06-6443-1182

coup de coeur ソーセージのパスタ 850円

真冬に出会った夏



今日のお昼ごはんは、江戸堀にある
「クードクール」で、
ソーセージのパスタをいただきました。

お野菜とパスタの甘みの中で、
ちょいとピリ辛のソーセージは
味に変化をつくってくれるし、
お腹の足しにもなるしと、一石二鳥やねぇ。



なにかと巡りが悪かったようで、
もともとキノコのパスタが
夏野菜に化けたワケです。

でも、サラダや、人参のスープからの流れで、
お野菜たっぷりになったので、悪くない結果やね。



本日はまたバナナマン氏が所用で抜け、
千林の師匠と放浪したお昼休みでした。


さて、今晩のサッカーアジア杯だけど、
引き分けしまくってるカタールに、
今夜こそカッタールでぇ、ということでエエかな。


ごちそうさまでした。


coup de coeur




関連ランキング:フレンチ | 阿波座駅中之島駅玉川駅


大阪市西区江戸堀3-6-34(地図)
06-6449-7713

あじさい おでん 700円

だし染みおでんを、いただきました



今日のお昼ごはんは、江戸堀にある
「あじさい」で、
おでんの定食をいただきました。

すり身の自然の甘さを引き出す、あっさりのおダシを、
おでん種が程良く吸っているので、ふわっと仕上がり、
淡い舌触りをつくっているのがエエねぇ。

特に平天がその最たる出来で、
今日一番のお気に入りになったねぇ。



いつのまにやら、「おでん」
という名前が市民権を持つようになって、
どこでも見られるようになったでしょう。

今や「関東炊き」の文字は、
気骨のあるお店とかにあるだけで、
本当に見かけないものになっちゃったねぇ。

気持ちとしては、カントダキの方が
好きなんだけどなぁ。



本日は久しぶりに、千林の師匠、バナナマン氏と
3人揃ってのお昼休みでした。


南米では伝書鳩が麻薬の運び屋にされたそうな。
ラテンな人達の発想は、いちいちオモシロイねぇ。

ただ、重くて飛べなかった姿をみた警官は、
そりゃぁ、ハっトしたんだろうねぇ。


ごちそうさまでした。


あじさい




関連ランキング:レストラン(その他) | 肥後橋駅渡辺橋駅淀屋橋駅


大阪市西区江戸堀1-18-23(地図)
06-6446-2187

三田屋総本家カレーの店 カキフライカレー 800円

お肉屋さんのカレーだけど何故か肉抜き



今日のお昼ごはんは、瓦町にある
「三田屋総本家カレーの店」で、
カキフライカレーを辛口でいただきました。

食べたその瞬間に「あ、辛っ」と思う
鋭い刺激の徹底した辛口です。

そこいらのお店なら大辛とか言うて
出てきてもおかしくないねぇ。



カキフライはルゥとは隔離して、
カレーの箸休め的にはさむと、
じゅわっとひろがる旨味が、
ちょうど口の中の火事を沈静化してくれてエエねぇ。

カキフライに味を加えなくても、
十分に味わい深くて、しっかりしているところは、
さすが広島産を豪語するカキだねぇ。



急ぎの仕事により、本日もひとりになれたんだけど、
14時を過ぎての食事は、さすがに選択の幅が狭まるねぇ。


お肉屋さんがカレー店を営むというのは、
よくあるでしょう。
それって、どっちのお店も
モウカレーってゲンかつぎだったりして。


ごちそうさまでした。


三田屋総本家カレーの店 本町店




関連ランキング:欧風カレー | 本町駅堺筋本町駅淀屋橋駅


大阪市中央区瓦町3-3-14(地図)
06-6233-2255

なみなみ 一口カツ 700円

生でも食べられる豚さんの一口カツ



今日のお昼ごはんは、新町にある
なみなみで、
芳寿豚の一口カツをいただきました。

豚の醍醐味の一つは、脂身の旨味でしょう。

ねっとり舌にまとわりついて、
鮮明な甘さが感じられたかと思うと、
さっと引いていく上品さは、
他にない味わいで、なんともエエねぇ。



この味覚が、生でも食べられる芳寿豚を
必要最小限で揚げたおかげなのか、
それとも、豚さんの持ち味なのか、
わかんないけれどね。



本日のお昼は完全自由が保証されていたので、
ここぞとばかりに噂のお店へ直行したおかげで、
それこそレアな豚にありつけたねぇ。


ごちそうさまでした。


なみなみ 新町店




関連ランキング:居酒屋 | 西大橋駅四ツ橋駅心斎橋駅


大阪市西区新町1-9-14(地図)
06-6534-1566

Miyuu 心優 キノコのタリオリーニ 980円

和伊ワイ、賑やかな献立です



今日のお昼ごはんは、西本町に最近できた
「Miyuu 心優」で、
キノコたっぷりのタリオリーニをいただきました。

こってりとしたクリームの十分なコクと絡みに、
エノキとエリンギがたっぷり入り、
さらに歯ごたえよく茹で上げたパスタがそろい、
とても食べ甲斐があるところがエエねぇ。

前菜や、サラダ、自家製のパンに至るまで
エライ充実っぷりで、ありがたい限りです。



千林の師匠と深く考えずに
頼んだパスタの献立でしたが、
実は、他にも気になるものが
あったんですよねぇ。

和洋が折中になった日替わりは、
海老フライ、ペンネ、サラダに
シジミの味噌汁とか気になります。

そして、コダワリの玉子を添えた
ご飯とお味噌汁だけの定食。

玉子かけご飯好きのための
玉子かけご飯を愉しむための、
玉子かけご飯の献立は、
しかもおかわり自由という、
徹底ぶりも気になるねぇ。



先週末から、また列島大荒れの模様ですが、
試験を受けていた受験生にしたら、
本格的な冬型で、ゼンセンすらできないよねぇ。


ごちそうさまでした。

Miyuu 心優




関連ランキング:イタリアン | 本町駅阿波座駅西大橋駅


大阪市西区西本町1-11-9 岡本興産ビル1F(地図)
06-6533-3775

江戸堀 木田 讃岐うどん あんかけうどん 800円(+100円)

最後まで続くよ、アッツ アッツ



今日のお昼ご飯は、江戸堀にある、
江戸堀 木田 讃岐うどんで、
冬季限定のあんかけうどんを大盛りにしていただきました。

イヤシイ系のワタクシは、知らず知らずのうちに
おさじやらをねぶっているようで、
普通、あんかけを食べていると、
最後はシャバシャバになっちゃうんだよねぇ。

まぁ、しかし強力な餡と、生姜のおかげで、
最後までアツアツ、身体もポカポカして、
風邪ひきの身にはエエねぇ。



千林の師匠と、バナナマン氏も
遠出の予定はなかったんだけど、
行くトコ行くトコで、満席やら売り切れやらご縁がなく、
結果、余計に遠回りになっちゃいました。



まぁしかし、こうしてちょうどエエ献立にありつけた、
と思えばよかったねぇ。

それこそアンがなければただのカケウドンで、
ありがたみもないというもんです。


ごちそうさまでした。


江戸堀 木田 讃岐うどん




関連ランキング:うどん | 肥後橋駅渡辺橋駅中之島駅


大阪市西区江戸堀1-23-31(地図)
06-6441-1139

立売掘 わんがた 唐揚げ 690円

揚げあがりが肝心



今日のお昼ごはんは、立売堀にある
立売掘 わんがたで、
唐揚げの定食をいただきました。

衣のカリカリと味つけを愉しむ部類は
一般的なんだけど一番好まれるんだよねぇ。

特に香ばしさと軽快な歯応え、
このふたつを呼び物に決めて
勝負を賭けるところが少なくないでしょう。

どっちも際立っていてエエねぇ。



他にもいくつかの定食がありまして、
肉好きの千林の師匠は、やっぱりの焼肉定食、
バナナマン氏は手堅く
日替わりのチキン南蛮定食でしたが、
量を見ると、唐揚げが一番盛大だったかな。



全国で寄付という名の善意の風邪が伝染しているけど、
ランドセルのグランドセールを仕掛けたら
今は飛ぶように売れたりしてね。


ごちそうさまでした。


立売掘 わんがた




関連ランキング:居酒屋 | 阿波座駅西大橋駅西長堀駅


大阪市西区立売掘3-7-17(地図)
06-6533-3303

台湾料理 味軒 台湾ラーメン 750円

ピリ辛でポカポカ温まろう



今日のお昼ごはんは、立売堀にある
「台湾料理 味軒」で、
台湾ラーメンと回鍋飯の定食をいただきました。

唐辛子が見え隠れしているけれど、
しっかりした歯応えの麺と相まって
辛すぎず、濃すぎず、あっさりした味わいで
食べやすいところがエエねぇ。



普通、定食のご飯物は半量になりそうなもんだけど、
どっこい、シッカリ一人前で、食べ応えがあるねぇ。

ただ、回鍋肉のキャベツを
レンゲでご飯と一緒に
食べるのは向いてないなぁ。

もたついている間に
珈琲まで届いてしまって、
余計に焦っちゃった。




本日は鏡開きですが、
鏡餅は注意してミラーんと
カビてることがあるからね。


ごちそうさまでした。


台湾料理 味軒




関連ランキング:台湾料理 | 阿波座駅西長堀駅西大橋駅


大阪市西区立売堀4-7-15(地図)
06-6536-1228

麺・点心茶居 古潭 味噌ラーメン 900円

古潭のお昼に決めたコンタン



今日のお昼ごはんは、堺東にある
麺・点心茶居 古潭で、
味噌ラーメンをいただきました。

まったりした脂分と
味噌の塩辛さが組み合わさって、
ちょいとしっかりした味わいやね。

でも、とろりとしたスープが
太麺に程良く絡んで、
釣り合いが取れているところがエエねぇ。



ウケの良いおかず2品を、
盛り込んでいるところがニクイでしょう。

迷わず選んじゃいました。

打ち合わせが思いの外なが~くなり、
おやつの時間にありついたごはんだし、
今日は七草だから、
軽めにしようと思ったんだけどねぇ。




まぁ、お店自慢のスープに豊富に含まれる蛋白質を食べて、
コラーゲン気にならないワケがないよね。


ごちそうさまでした。


古潭 堺タカシマヤ店




関連ランキング:ラーメン | 堺東駅花田口駅妙国寺前駅


大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通59(地図)
0722-38-2119

やまぎわ製麺所 きつねうどん 390円(+320円)

讃岐うどんの代名詞がまるっと揃ってます



今日のお昼ごはんは、西本町にある、
「やまぎわ製麺所」で、
大盛りのきつねうどん、おにぎり、天ぷらをいただきました。

寒い時にはアツアツのおダシがエエなぁ、
ということもあるけど、
きつねのお揚げさんに加えて、
きざみ揚げも添えてあるのが嬉しいよねぇ。



この頃では、「セルフ」「製麺所」「てんぷら」などなど
ここそこのおうどんやさんで、
讃岐うどんの代名詞を全部盛り込んでいるでしょう。

書いてなくても、献立を見るまでもなく、
コシの強いおうどんがでてくるのがわかるんだけど、、
逆にコシのない昔ながらのおうどんが出てくるお店に
目印ってものはないのかなぁ。



玉子が好きなバナナマン氏は、たまごメシ、
肉が大好きな千林の師匠は、牛メシ、
麺喰のボクは麺増量と、
それぞれの正確がよく現れたお昼でした。


兎年の小寒はよく冷え込んで、
ハクト白いものが見えましたねぇ。


ごちそうさまでした。


やまぎわ製麺所




関連ランキング:うどん | 本町駅西大橋駅阿波座駅


大阪市西区西本町1-9-13(地図)
06-6533-6780

RISTORANTE la Murena 鮭のポワレ 1800円

お昼ごはんも、事始め



今日のお昼ごはんは、京町堀にある
ラ・ムレーナで、
鮭のポワレを主菜にしたコースをいただきました。

新年恒例、会社行事という名目の、
ありがた~い昼食会。

まぁ、食べているものがちょいと豪勢になり、
「正月はなにしたん?」の話で盛り上がるのが
いつもとは少々だけど、大きく違うワケです。



2品目のリゾットは、「コテキーノ」がなにか分からないまま、
新年早々の運試しに、と激震王子とボクの2人が注文してみました。

キノコとかを思っていたら、
正体はソーセージのように固めたあっさりした角切肉で、
レンズ豆の甘さと細かい粒子によく馴染んでいました。



いやいや、お正月休みというのは、
沢山あるやることをこなすだけで
あっという間に終わってしまって、
休んだキンガ、シンネン。


ごちそうさまでした。

ラ ムレーナ


大阪市西区京町堀1-16-8(地図)
06-6448-7088

明けましておめでとうございま酒

201101011.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。