プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリル清起 ハンバーグ 1000円(+250円)

毎日食べても、毎日ちがう下町グリル。



今日は午後からヨソで会議。
通り道なので、なんばでご飯にしようかな~と思いつく。

それならばと千林の師匠が指名したのが「グリル清起」。
ここ数日のいたわり路線から一転、いきなりハードな内容ですなぁ。

着席し、さて何にしようかと考えるよりも早く、


「ハンバーグ・ライス2つね」と、師匠。


で、私はというと、

「ご飯は小盛りで!!」

と付け加えるのが精一杯でした。



ご飯が250円で、ハンバーグが1000円と決してお安くはないのですが、圧倒的な肉の存在感にあふれてますなぁ。
付属する醤油系のソースと、マスタードでいただきます。

ハンバーグ中央に玉子が鎮座しているのですが、今日はしっかりと火が通っていました。
運なのか、気分なのか、この玉子は半熟で出てきた時もあったような・・・
個人的には半熟が好みですなぁ。


基本、下町グルメの王道で肉の味と質感を重視。
肉汁とかそういうシズル感いっぱいの画とは程遠い。

その反面か、途中はアッサリと食べられるのが不思議なトコロ。
ただ、どう化けても相当量の肉ですからねぇ。
後々まで肉々しさが残りました。

師匠いわく、火の通りに限らず、ハンバーグの大きさやら何やら均一だった憶えがないらしい。
そのあたりが、売り文句としている毎日食べても、毎日ちがうというところか?(笑


大阪市中央区難波4-5-8(地図)
06-6643-6119

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://westcourt.blog91.fc2.com/tb.php/228-7a94378b

グリル 清起

難波の新歌舞伎座の裏にある老舗洋食店 グリル 『 清起 』 創業から43年、本当に美味しいハンバーグがいただけるお店なら迷わずここ!というほど愛され続けているお店。 以前、ここの前を通った時にその衝撃的なビジュアルに思わずツバを飲んだ洋食

グリル 清起@大阪 難波 洋食

難波の新歌舞伎座の裏にある老舗洋食店 グリル 『 清起 』 創業から43年、本当に美味しいハンバーグがいただけるお店なら迷わずここ!というほど愛され続けているお店。 以前、ここの前を通った時にその衝撃的なビジュアルに思わずツバを飲んだ洋食

グリル清起 (セイキ)

グリル清起 (セイキ) ■住所 大阪市中央区難波4-5-8 ■電話 06-6643-6119 ■営業時間 ランチ 11:30~15:00 ディナー17:00~21:00 ■定休日 土曜日 ■交通 地下鉄四つ橋線なんば駅から徒歩約3分 地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩約3分 南海本線

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。