プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旬の味 ふる里 天ぷら・さごし柚庵焼 900円

細かな手間が光る和弁当



今日も懲りずに白身の焼魚欲を満たすべく放浪すると、お魚定食に”さわら西京漬焼”を掲げる「旬の味 ふる里」を発見。
コダワリの料理屋を思わせる雰囲気に意気揚々としながら地下へ降りていきます。


しかし今日も思い知らされました。焼魚の需要って高いんですねぇ。

「日替わりにも焼魚がつきますから・・・」との言葉に多少は救われますが、釈然としないモノはある。
まぁ、13時近くなっても大賑わいの店内を見ると、そうなっても仕方がないという遅ランチ組みの諦めが働くワケですなぁ。



お弁当と、おうどんという組み合わせ。
コレだけ盛りだくさんの内容に、普段ならもっと素直に喜べるに違いない。

ただし、天ぷらに加え、おうどんにも最初っから天カスが入り、油を意識せざるを得ない状態。
甘さを主にした味の強いうどんダシにはコクが増して良いかも知れんけど、個人的にはノーサンキュー。

お弁当の内容は、天ぷら4種、さごし幽庵焼、お刺身、タコときゅうりの酢の物、おから、香の物、みかん。
おからの丁寧な味付けと、蓮根などを忍ばせる歯応えの演出など、添え物ひとつにかけた手間から、全体の良さが見えてくる気がしました。

望んだ白身ではないけど、焼き物は香りも高く、本当にエエ味していました。
チョッとの量だったので余計に呼び水になってしまった・・・


和料理屋で、焼魚を逃すと、次に出くわすのは真逆の天ぷらやカツなど揚げ物という献立は定番の模様。
焼魚を追い求めるのは、思いのほかハイリスクで、油分の摂取がハイリターンする図式にはまっていますなぁ。
そろそろ望まない揚げ物から、脱却するぞ!!


大阪市中央区安土町3-2-4 JUST本町ビルBF1(地図)
06-6263-0222

コメント

白身の焼き魚から脂っこいものへのメニュー変更はつらいっすね。
>>料理屋で、焼魚を逃すと、次に出くわすのは真逆の天ぷらやカツなど揚げ物という献立は定番の模様。

この法則は参考にさせて頂きます(笑

揚げ物への変更は・・・

医者からメタボリックの脅しをかけられる身には大問題です。

気の弱い私なんかは、戦々恐々とするばかりですなぁ(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://westcourt.blog91.fc2.com/tb.php/248-22fbcbb0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。