プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鰻割烹 福梅 うな重 1260円(+210円)

タレの控えめ加減が活きた”うな重”



今日は三休橋筋の「鰻割烹 福梅」に行きました。
月曜日に訪問したスーペルノーバーの隣で、エエ香していたのを思い出したワケですなぁ。

考えなしに飛び込むと、いちばんお手頃なうな重が1260円とのこと。
ほかに日替定食の”おでん”が800円で提供されていたが、うなぎが目当てなので自動的に選択から外れます。

ままっ、たまの贅沢ということで、ちょっと張り込んで肝吸い(210円)もつけました。
同額で肝入りの赤だしもありました。



このほかにカブと、お茄子の浅漬けが添えられるんだけど、既に醤油がたらしてある。
卓には山椒と爪楊枝しかないので、気遣いといえば聞こえは良い。でも個人的に漬物の醤油はノーサンキュー。
でも客層をみていると、そろそろ醤油恋しいお年頃のオジサマが大半でしたので、なーんとなく納得した。

対して、肝吸いはアッツアツなのにおダシの風味が豊かなままのうす味仕立て。
肝のコリコリした食感が良いですなぁ。針生姜も手伝ってからだが良く温まりました。



大阪市内のど真ん中だけど、鰻は背開きされて、蒸してある風に思えるサッパリ加減。
パリッと感はないけど、ふっくら柔らかな身は口の中で溶け、焦げ目の香ばしさが鼻腔を刺激しますなぁ。

ご飯にかける蒲焼のタレが控えめにまぶしてあるので、べったり感も少なく、甘い味でも飽きずに食べられました。
あのタレが好きな人には物足りんだろうけどねぇ。


さぁ、鰻の滋養で忘年会シーズン乗り切るぞ!!


大阪市中央区平野町2-6-1(地図)
06-6231-0344

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://westcourt.blog91.fc2.com/tb.php/273-73ac451f

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。