プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元船場精養軒 チキンカツ 850円

今日訪れた「元船場精養軒」。一番最近のあまから手帖に掲載されていた店で、読んで以来ずっと、行こうと思っていたのである。
花粉の降り注ぐ中、ようやく店先に辿り着く。冊子で見た通りお世辞にも綺麗とはいえない店構え。しかし、このミステリアスな感じがなんとも私の心をくすぐるのである。
さて、店内に入ると店構え同様に綺麗とは言えない。されど、ピカピカに磨かれたガスレンジや道具類など全体に清潔感を感じる。何もかもに「使い込まれた」と言う表現がピッタリくる。
今回はチキンカツ(ライス・コンソメスープ付き)を注文。
驚いたことに、作り置きは勿論、大半の下ごしらえもしておらず、注文してからご主人が調理を始める。目の前で繰り広げられるその様は、まさに職人芸とでも言いましょうか、実に手際よく調理が進行していく。
10分もしないうちにお皿が運ばれてきた。ラードで揚げたカツにナイフを入れると「サクッ!!」という気持ちの良い音が。そして一口、下ごしらえの塩コショウの味とは、これ程に素晴らしいものなのかと感じさせる一直線な味と香りがする。続いてソースのかかっている部分を一口、続いて二口と止まらない。
このやや白いソース、まるで何かのシチューの様な風味がし、今までに経験したことがない逸品。店の見た目以上にこのソースがお店の歴史なんだな~と思うと、その味の深みに納得。

支払後、マスクをつける私を見て、ご夫人が「たいへんやね~」と切り出し、そこから10分ほど花粉症の話題で盛り上がったが、そんな気さくな雰囲気にも、ある種のノスタルジックを覚える懐かしく素敵な「下町の洋食屋」でした。


大阪市福島区玉川4-10-16
06-6441-1447

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://westcourt.blog91.fc2.com/tb.php/65-f5f55f54

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。