プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHEDI LUANG タイ料理バイキング 1200円

タイが特集されたニュースを見たせいか、急にタイ料理が食べたくなったので、タイレストラン&カフェ・チェディルアンへやってきました。

ありがちな"タイ料理店です!!"とわかるような飾り気のない控えめな店先は、一見するとエステサロンにも見えるが、一歩店内に進むと、優雅なアジアンリゾートを思わせるような作りになっている。

実は、私タイ料理の経験値が限りなくゼロに近いので、実際カレー以外に何が出てくるのかチンプンカンプン。想像もつかないまま、早速ランチバイキングを堪能。
エビのカクテルサラダのような前菜まで用意されているだけでなく、サラダとしての野菜類も充実しています。ドレッシングを取っても、他では味わったことのない独特のものでした。

この導入部の料理だけでも、わからないなりにタイ料理だな~と納得するような、他にない香りや味付けを実感できた。

サイドメニュー類。定番のフライものは、ポテトや春巻き、そしてパンのフライみたいなものまであった。

そしてカレー味の鶏肉と野菜の炒め物、イカリングの甘酢あんかけ。
他にも海鮮焼うどんみたいなのもあり、午後からの仕事がなければ呑みに入りたいところでした。
タイ風のおかゆ。豚肉が入っているがアッサリしています。日本のそれとは異なりスパイスによる香り付けがされています。ナンプラーや香草、にんにく醤油みたいなのまで、トッピングで更に味を楽しめます。

茄子と豚肉のカレー。ココナツの風味を基調にした甘みのあるカレー。

本日の激辛カレー。食べた瞬間はそうでもないが、後からジワリと辛さが襲ってくる。激辛といいますが悶えるようなものではなく、食べるに美味しい辛さです。

タピオカの冷たいデザートと、セルフの珈琲(ホット・アイス)。ベリー系のミルクソースが口の中の辛さを中和してくれた。

昼飯単体で考えると、贅沢な価格ですが、、バイキングで以上のような丁寧な料理が食べられ1200円なら十二分に満足できる。色々な種類をちょっとづつ食べられるのは、やっぱり嬉しいし楽しい。

昔のように元を取り返すべくガッつかないのは、もう若くない証拠だろうか?

大阪市西区北堀江1-17-11
06-0535-1515

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://westcourt.blog91.fc2.com/tb.php/81-3e18f4d4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。