プロフィール

タイサブロー

Author:タイサブロー
日々之探訪也
昼休みを利用して四ツ橋線の本町から昼飯探訪。
今日は何たべよう?

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

今日の気分は?

傾向と経路

アクセスランキング

今日のナカツリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOULANGERIE Tour de France 帆立貝のカツレツとチキンのクリーム煮 1050円

13時少し前に新なにわ筋を野田阪神方面へと上っていると、大量のランチ済みOLと思しき集団が現れた。
不思議に思い、その方向へと進んでいくと商店街にぶち当たり、場所柄にしては目立つ、お洒落~なパン屋さんがあった。

それがブランジェリ・ツールドフランスで、2階でレストランもしている。

さっきの集団はココから出てきたに違いない!!と断定し、早速訪問の上、ランチで一番お安い1050円のセットを注文した。

注文してからビックリ、パンはバイキング方式でお好みの量がいただけるとの事。 そりゃ大量のOLさんがやってくる訳だぁ~と納得。 パン好きな私にしてもソリャ狂喜乱舞モンである。

まずはパンと、今日のスープであるコーンポタージュ。

純粋なコーンポタージュと言うよりは、ポテトも溶け込んでいるような感じで、どこかのカップスープみたい。 とはいえ、最近ポタージュが続くなぁ(笑)

そして、遠慮なしに取ってきたパン!
種類も豊富で、結構イケル。 少し塩気の利いた玄米パンなんて変り種もあった。

バター以外に自由に使えるオリーブオイルや、ガーリックオイルなんかもあって、かなり好意的。
ただ、流石にフランスパン系はそのままではシンドイ。 せめてトースターでも欲しいんだけど、贅沢な話だよねぇ。


帆立貝のカツレツとチキンのクリーム煮。

実はスープの一口か二口ぐらいで出てきた。 給仕のエライ早さに不安があったが、至って普通。

ところが暫くして、食後の飲み物を聞きにきたついでに、「お皿お下げしてもよろしいですか?」とお姉ちゃん。
まだ喰うてるって!!(怒

かくして食べてる横に遠慮なくやって来た珈琲。

なんか納得いかないなぁ。

接客はさておいて、パンも好き放題食べれる訳だし、あとは50円を努力して税込み1000円にしてくれたら、お値打ち感がグッと上がるんだけどなぁ~、と勝手なことを思うのでした。


大阪市福島区吉野2-3-14
06-6444-7111

西洋割烹いずみ 茶美豚ロースソテー 800円

久しぶりに福島区へ侵入。 Shakey's様のブログ福島ズボラーヌ様のブログでも紹介していたJRの高架下にある「西洋割烹いずみ」へお邪魔しました。

なんとなく西洋に対して割烹という2文字が気になるな~と近寄ってみたのですが、店先のメニューに茶美豚(ちゃーみーとん)の文字を発見。

迷うことなく入店という運びに。

店内は、外観と同じく白、オレンジ、そして木目調の3要素でまとまっていて、明るく元気な空間が広がっていました。

もちろん、茶美豚(ちゃーみーとん)ロースのソテーランチを注文。

まずはコーンポタージュ。

クリーム具合が若干控えめで、アッサリしていて良い。

久しぶりに浮き身のパンがついてくるの見た。 個人的にはコレが好きなのでチョッと嬉しい。

ポタージュをいただいている間、キッチンで焼かれている豚さんを見ていると鼻息が荒くなり、興奮しているのが自分でもわかる。

なにせ、ブランドつきの豚さんということで、茶美豚という言葉は何度もテレビや雑誌で見たことはあるものの、実際お目にかかれるのは初めてなのだ。



という訳で、茶美豚ロースのソテー。

仕上げはデミグラスソースでお願いしたが、他にも照り焼きという選択肢もあった。

焼きの加減が良く、肉の表面はパリパリ、中は軟らかくジューシーなままの仕上がり。 肉自体の素晴らしさが更に際立ち、脂身のザックリ感や、肉自体の甘さを一層楽しめた。

流石はブランドつきの豚さんだけあって、デミグラスソースの濃厚な味にも負けていなかった。

同じお皿には、付け合せとして、マッシュルーム、玉ネギ、ポテト、三度豆のかるいソテーとミニトマト、そしてチリチリいっぱいのサラダがついていた。

別のお皿で出てきたご飯は、おかわりが自由とのことでしたが、そこへ到達するまでもなく満腹になったのでした。
この800円は、かなりお買い得ですなぁ。


大阪市福島区吉野2-1-33
06-6443-5074

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。